休日の水辺散歩

お休みを利用して夕方から水辺をお散歩してきました。

帰りに王子駅~東十条駅にある「アー写に使えそうな無機質な構造物背景」のサンプルを撮るつもりでNikonさんに付いてきてもらいました。

結論から言うと歩き疲れてそっちのロケハンみたいなのはやめました(笑)

D7500

ライブハウスでバンド全体を撮るのに使おうと思って買った、シグマの17~70ミリf2.8~4.0の試し撮りにお付き合い下さい。

潮見付近

いろんな船が結構頻繁に通ります。

潮見付近

小魚の群れ以外は魚は見えませんでした。 ただクラゲがいっぱいいます。 クラゲは好き嫌いありそうですが、不思議な生き物に興味がある人にはここは癒やされポイントですね。

クラゲがいっぱいいる

水深にもよりますがハゼとかいそうな流れの少ないポイント。 もう少し早い時期なら桜がきれいだったと思います。

潮見付近

広角側はタル型の歪みが出ますね。 ライブの撮影ならこれも効果として好ましいと思います。 28ミリ付近でフラットに近くなって望遠側は糸巻き型歪みが出ます。

潮見付近潮見付近潮見付近潮見付近

シーバスをさばいてクーラーボックスに入れている釣り人がいました。

潮見付近

この絵が秀逸だったので写真を撮ってきました。 仲良くして欲しいです。

潮見付近

埋め立て地なので、区画によって懐かしい雰囲気のところと、高層マンションしかないところがハッキリしています。 懐かしい町並み側は看板などの文字情報があって、新しそうな方は文字情報がほとんどありません。

潮見付近

続いて国際展示場駅に移動しました。 「なぜ広角なのに糸巻き型歪みなんだろう」と思ったら、このアトム達はiphoneで撮ったようです。 と言うことはシグマ17~70ミリさんでは1回もフレアもゴーストも出なかったわけですね。 それは残念(笑)

国際展示場駅

慌てて撮ったら傾いていますね。 このレンズは手ぶれ補正が入っているので、特に広角側ではシャッターを長めに開けても気になりません。 車や人を被写体ぶれさせた写真を撮りやすいです。

水の広場公園水の広場公園水の広場公園水の広場公園

ゆりかもめが来ました。

水の広場公園水の広場公園

ポートレート用のやわらかセッティングで出かけたのですが、三脚立てて絞り込んでコントラストと彩度ゴリゴリにして撮る人に撮って欲しいです。

水の広場公園

バリアフリーを超えてアートなスロープですね。

水の広場公園

AC版ドンキーコングの3Dグラフィックバージョンみたいに見えてきます。

画角的にスマホでも良さそうな写真ばかりでしたが、薄暗いところに雰囲気があるので、ライブハウスで活躍してくれそうなレンズです。 建築物撮る人には歪みが気になりそうですね。


ほぼ完成【Ibanez BTB1825のネック修理-5】

ナットの調整をしていきます。 ちなみにピックアップはひざのところに逃がしてありました。

ほぼ完成

溝をあとから加工するとなるとペグを外す必要がありますね。 フレットをピカピカに磨きました。

フレットを仕上げる

実は1弦を少し内側に動かしました。

1弦の溝位置

この状態でハイポジションが均等になります。 スルーネックな上、ボディを掘って落とし込まれたブリッジなので、今回はお客様と相談した上でナット側でバランスを取りました。

弦の位置

新しい弦にしてみたところ1弦がややビリつきやすいのですが、ダダリオに変えてみたら止まりました。 指板の波打やフレットの浮きだけではなく、弦も悪さをしているようですね。

ネックが安定したらお返ししましょう。


ナットの取り付け【Ibanez BTB1825のネック修理-4】

フレットの両端をカットしました。 やすりで丸く加工します。

フレットの端を処理する

フレットのすり合わせをしたあと、フレットの頂点を丸め直します。 弦を張ってたしかめてから仕上げるので、まだフレットは削りっぱなしです。

フレットのすり合わせ

ナットを取り付けていきましょう。 まずは粗加工。

ナットの粗加工

ナットを接着します。

ナットの接着

溝を切っていきます。 今回は0フレットがありますので、弦間隔を決めるためのナットです。 0フレットの頂点より溝が深くなる必要がありますので、加工の手順としては、なるべく先に溝を仕上げたいところです。

ナット溝を切る

0フレットを取り付けます。 1フレット以降のものより0.2ミリ高いジャンボフレットがありましたので、これを使います。 材質を合わせるために、ここもステンレスになっています。

0フレットを打つ

弦を張ってみました。

弦を張ってみる

ベース弦は太いのでナットの上で急に曲がれません。 0フレット上で少し浮いているので、溝を深くしましょう。


以前作った歪みエフェクターが出てきた

何年も前に作った歪みエフェクターが出てきました。 ゲイン、マスターボリューム、トーン以外に、ダイオードクリッパーを切り替えるツマミがありますね。

以前作った歪みエフェクター

中を開けてみました。 どうなっているのでしょう(笑)? オペアンプは4558が1発ですね。

中を開けてみた

帰還部にLEDのダイオードクリッパーを入れたオーバードライブ回路のあとに、シリコン製ダイオードをアースに向けてぶら下げたディストーション的なクリッパーがあるようです。

ダイオードクリッパー

LEDクリッパのオーバードライブは太めな歪みでクランチ~オーバードライブといった感じで、シリコンダイオードを混ぜ始めるとザリザリ・チリチリした高調波が混じってきます。

ただLEDが2ボルトで歪むのに対して、シリコンダイオードが0.6ボルトとかで歪むわけですから、深く歪む方が音量が小さいというクセのある使い心地ですね(笑) 1カ所いじると他のツマミも全部いじらないといけないというか・・・。

もっとゲインを上げられるようにして、シリコンの方を4直列とかにしたら、ゲインツマミひとつで、歪みませ具合がつながるのでしょうか。 ゲイン上げすぎでノイズもそれなりになりそうですけれど。 あと18ボルト仕様とかになりそう。


フレットを打つ【Ibanez BTB1825のネック修理-3】

指板の研磨をするにあたってフロントピックアップが邪魔なので外そうとしましたが、配線が込み入っていて、コネクタ類も多いので今回はそのまま作業することにしました。

配線部

指板の研磨作業後に弦を張って確認です。

指板研磨

フレットを曲げていきます。 真っ直ぐなフレットを使うので最初に大まかにRを作ります。

フレットを曲げる

フレットをカットしていきます。 お客様に持ち込んで頂いたこのフレット、カットしていてステンレスだと分かりました。 硬いですね。

ステンレスフレットが硬い

木製のバインディングがあるので、両端だけタングを切って打ちます。 フレットの足をカットするタングニッパーの刃が立たないので、手作業で削って行きます。

タングを削る

今回は、トラスロッドを回さなくてもネックが真っ直ぐに近いコンディションなので、フレットを打つときに溝が狭いと逆反ってしまいます。 なので、後々フレットが浮いてこないようにする方法としてタイトボンドを流し込んでおく方法を使いました。

タイトボンドは金属にはくっつかないので、適度に隙間を埋めてくれているだけになします。

いわゆるタイトボンド打ち

全てのフレットが打てました。

フレットが全て打てた