バリトーンのシミュレーション

先日製作したバリトーンスイッチなのですが、完成後お送りしてみたところ、お客様から「以前所有していたギブソンのES345と効き方が違う」とご指摘を頂きました。 試奏動画で音色を確認してみたところ、回路シミュレータのグラフとかなり印象が違うことが判明しました。

バリトーンのシミュレーション

元にした回路図自体はギブソンの公式のものなのですが、そのままでは効き方がかなり違いますね。 どこが変わっているのか調べる必要があります。

自分でシミュレータを回しながら「もっと使いやすいバリトーン回路」を作り直してお届けしたいと思います。

このプロジェクトはさらに推し進めて、ピックアップコイルに干渉してさらなるサウンドバリエーションを生む「ピックアップハッカー」みたいなパッシブエフェクター機材に発展させていきたいと思っています。


組み込んでいく【特注パワーサプライの製作-2】

DCジャックが到着しました。 さっそく組み込みましょう。

DCジャックの組み込み

銀色の電解コンデンサはトーシンの16V耐圧のもの。 9.8V出力に付いています。 金色の方は18V出力に対応してもっと耐圧の高いものを使ってあります。

なくても電源アダプターのほうの制御ICや、9.8Vを出す制御ICの性能でカバーできるのですが、エフェクターのオーディオコンデンサチューンもかねて、ここにもデカップリングコンデンサを入れてあります。

配線が完了

ネジロックが乾いたら完成品をチェックしましょう。 その前にチェック機を補修します。

モントルーから発売されていたEarly BirdのPower Distributorは製産完了品になりました。 同じものや、今回のような多少カスタマイズしたものが必要な方がおられましたらこちらのメールフォームから御相談下さい。


ケースの穴あけから【特注パワーサプライの製作-1】

以前、製作と設計のお手伝いをさせて頂いていたEarly BirdのPower Distributorを元にして、お客さまに合わせた仕様のパワーサプライを作ることになりました。

まずは穴位置にセンターポンチを打っていきましょう。

穴位置を決める

穴あけ作業です。

穴あけ作業

穴があきました。

穴があいた

右から18ボルトセンターマイナスを入力、左端がそのままスルーアウトで、それ以外が9.8ボルトセンターマイナスの出力となります。

DCジャックの配置

次に基板を製作します。

パワーサプライ基板

DCジャックの在庫が足りないので発注しました。

 

 


基板製作と組み込み【Power Distributorの製作-3】

基板を作っていきます。 1枚1枚手作りです。

基板の製作

9.8ボルトに減圧するレギュレーター回路です。

基板が完成

DCジャックに電界コンデンサを取り付けていきます。 これはつないだエフェクターの消費電力が変動した時に、他のエフェクターに影響を与えないための充電池のような役割をします。 レギュレーターだけでも対応できるはずですが念には念を。

電界コンデンサの取り付け

ちなみに18ボルト出力のところにだけ耐圧25ボルトを使っているので、もともとのバージョン(左)と違って、ひとつだけ金色のコンデンサが入っています。 すべてオーディオグレードです。

よく、エフェクターの電源コンデンサーを音響用に交換するチューニングがありますが、このパワーサプライはそれと同じことをしているわけです。 交換ではなくて追加ですが。

特別仕様になっている

さて、放熱試験です。

放熱試験

実際に使う時は、左3つの18ボルト出力からスルーアウトする分もあるので、これが一番過酷な使い方を再現した状態です。 ACアダプターからフル出力しても、触れないほど熱くなることはありません。 これで良さそうです。

パワーサプライの製作が必要な方はこちらのメールフォームから御相談下さい。 最近は、安くて良いパワーサプライがたくさんありますから困っている人はいないかもしれませんが、Early BirdのPower Distributorは「交換したての電池をシミュレートした9.8V出力」や、「オーディオ電解チューン」など、それなりに特徴のあるパワーサプライです。

モントルーさんのラインナップからなくなってしまった製品ですが、設計と製作でお手伝いしていましたので、同じ仕様のものをお作りできます。


LEDの取り付け【初期型スティングレイ回路のアウトボード化-6】

青色3ΦのLEDが届きました。

LEDが到着

配線を取り付けていきます。 この自作ヘルパー便利ですよ↓

LED取り付けの下準備

LEDの下準備が整いました。

下準備完了

内部配線はこんな感じになりました。

LEDの取り付け

発光量のチェックです。 プリアンプの音としては、周波数的にかなり外側に効くドンシャリで、ワイドレンジにズシーンとくるので楽しいです。

発光のチェック

ノブを取り付けます。 このノブは不良が多いので2個多めに買ってありました。

今回もネジが回らないのがひとつと、ネジ先が斜めになっているのか、締め付けているうちに軸が回ってしまって好ましい方向に取り付けられないものがひとつありました。

これらは工夫すれば使えるようになりそうなので完全な不良品ではないですね。

完成

ツマミは上が出力ボリューム、右がトレブル、左がベースになります。

これで完成で良さそうですね。