ベースマガジンに漫画で登場しました

今月号のベースマガジンに似顔絵で私、新谷が登場しました(笑)

ベースマガジン2019年3月号

「エレキベースができるまで」の企画にBirdcageオリジナルプリアンプを取り上げて頂きました。

エレキベースができるまで

かなり似ている似顔絵になっていますので、ぜひ本屋さんで手に取ってみて下さい。 今号はハマ・オカモトさんが表紙です。


新しいロッドカバーの取り付け【トーカイのレスポールスペシャルの改造-4】

ネジ穴をあけ直しました。

ネジ穴を埋めてあけなおす

新しいロッドカバーを取り付けましょう。

ロッドカバーが付いた

なかなかいい感じす。

調整

あとは全体の調整です。


ネジ穴を埋める【トーカイのレスポールスペシャルの改造-3】

ロッドカバーをギブソン風の釣り鐘型に交換することになりました。 ネジ穴が合わないですね。

ネジ穴が合わない

ナットに近い側だけ埋めてあけ直します。


D7500が届きました

私が初めて一眼レフを買ったのは、まだラムトリックカンパニーで働いていたころ、たしか2012年のことです。

Sonicギター&ベースのユーザーさんのライブ写真を「Sonicのある風景」というアメブロに掲載させてもらうためでした。

そのカメラはD5100というファミリー向け初級機種で、なんと今まで7年も頑張ってくれました。

機能的にも画質的にも、もう少し上のクラスが必要になってきたので、昨年1年間いろんなカメラを検討したのですが、自分の使い方であればひとつ上のクラスのD7500で十分だと分かったので、中古で購入しました。

D7500を買った

D5100は広角側のレンズを付けて、それ専用のセッティングにすることで、これからもお客さんのライブ撮影で頑張ってもらうことにします。 両方のカメラのセッティング出しが楽しめそうです。

使っていなかったレンズを下取りに出したので機材がとてもすっきりしました。

当面はSIGMA17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMとAF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gの2本だけです。  


リハでした

マンションズのリハでした。 今年は録音を進めていくようです。

とは言え、誰もまともに楽器が弾けないバンドなので(私はベースを弾かずにカオシレーターをいじっています笑)、普段楽器を持たない人は肩がこるらしく、気が付いたら2人とも反対の肩にストラップをかけていました(笑)

リハ風景

もうすぐバレンタインデーでしたね。

バレンタイン

来月のリハでお返ししましょう。