音が出なくなるときがある【tak matsumotoモデルの配線修理】

TAKモデルです。 たまにネック側ピックアップの音が出なくなるそうです。

歪ましていると少し音がもれ出たりもするそうで、ピックアップのコイルワイヤが端末で絶縁を起こしたときににているのですが、スイッチを切り替えていると直るというのでスイッチ周りのような気がします。

スイッチの調子がおかしい

スイッチ周りの配線を外してみました。 一度スイッチをバラバラに分解もしてみましたが原因が分かりません。

スイッチの取りつけ穴がキャビティに対してずれていて、ハンダ付け端子が壁面に押しつけられていたので少し曲げたりしてハンダ付けをし直しました。

一度分解してみる

配線をやり直した状態がこちら。 この状態で一週間様子を見ました。

症状が出た

お返しする前にあれこれいじくっていたら、症状が出ました。 ただし今回はブリッジ側ピックアップで出ました。 ハンダをやり直すときにグラウンド線の取り回しをスイッチの6弦側から1弦側に変えたのですが、そのことと関係ありそうです。

ちなみに音切れ時には出力線を触ってもブーブーいいません。 これはオープン(出力ラインのどこかが絶縁している)ではなくショート(出力ラインのどこかでアース電位と接触している)だというヒントです。

スイッチのアース端子にシールド線の編み線が使われているのですが、その絶縁チューブが甘くて、スイッチ端子の可動部分にあたっています。

アースがスイッチにショートしている

というわけで配線ごと交換しようと思います。 網線はポット側でアースしてしまえばシールド効果を得られるので、スイッチキャビティ側は切り取って絶縁してしまいます。 この銀色を切ります。

この線を切る

4芯線を使って緑の線をアースとして片側をポットの背中に、もう片側をスイッチのアース端子につなぎます。 ここは電位をつなぐだけで、電流は流れません。

緑でアースを取った

と、ここまで作業していて気がつきました。 ギブソンが使っていたオリジナルの配線材も4シールド線です。 せっかく絶縁皮膜がしっかりしている緑があるのにその緑を切ってしまっていますね。

それならそれでしっかり絶縁チューブ(クリーム色の)をかけてくれればトラブルがないのですがそこは隙間があいてしまうようです。

よく見たら緑が切られている

スイッチキャビティの配線が終わったところ。

スイッチ側の配線

コントロールキャビティはこんな感じ。

コントロールキャビティ

これでバッチリ音が出るはずです。 もしかしたら同ロットで生産されたTAKモデルで同じような「スイッチを切り替えたら音が出ないときがある」症状に悩まされている方がおられる可能性もあります。 もしお困りでしたらこちらのメールフォームから御相談下さい。


ブリッジとピックガードの取り付け【TOKAI SUPER EDITIONのブリッジ取り付け修正-6】 

トレモロの取り付け位置を確認していきましょう。 ボディのキャビティから求められたセンターや、ネックから来ているセンターなどの整合性を確認しています。

センターを確認する

弦長方向についても確認します。12フレットの位置の倍がサドルの基本的な位置になります。 そこから弦を押さえたときに音程が上がる分を考慮してオクターブ調整が必要になりますが、その時ちょうど良い位置にトレモロが付いています。

また、トレモロのうらのイナーシャブロックがボディに干渉しない位置でなければなりません。

ピックガードの取り付け位置も少し変わります。 元が1弦側にふれていたのですこし戻して、弦の下をピックアップのポールピースが左右均等に通るようにします。

オクターブの位置も確認

まず1・6弦側の穴だけあけました。 6点式のトレモロは基本的にはこの2本で支えられています。 この2本で取り付けたあと残りの4本のネジがトレモロ取り付け穴なかでどこにも接触しないように、ネジ下穴をあけます。

とても精密な作業になりますが最近良い方法を発見しました。 手間は増えるのですが確実性が増すので続けていこうと思います。

ブリッジを取り付ける

ボディ側のネックジョインとネジ穴が狭いので広げます。 ここのネジはあくまでもネックを引っ張るためなのでボディにネジが効いてしまってはいけません。 ネジがスポスポと通る状態が正しいのです。

ボディ側ジョイント穴を広げる

トレモロ、ピックガード、ネックがつきました。

ピックガードを取り付け直した

弦を張ってナット溝を調整していきます。


配線を分解して取り除く【Performanceの改造-2】

以前やった配線です。 きれいに配線できているのでこのままゴッソリ取り除きます。

配線の取り外し

表側。

配線を取り外した

1本出ている電線はブリッジにつながっているいわゆる弦アースです。

配線を取り外した


ピックガードの加工とピックアップ取り付け【アギュラーピックアップに交換する-8】

ネックのオイルフィニッシュが完了しました。 違和感のない色合いに仕上がったと思います。

オイルフィニッシュが終わったところ

ピックガードの外周が60°くらい出立ち上がっているので30°くらいまで削ります。

ピックガードの外周を削る

どうでしょう、外周の黒いラインが主張して格好良くなりました。

外周加工が終わったところ

ピックアップ取り付け用のネジ穴をあけていきます。 メイプルで作った木栓が良い位置に効いています。

ピックアップのネジ穴をあける

ピックアップの配線をすませたところ。 配線の本数が多いのでどうしてもごちゃっと写ってしまいます。

ピックアップの配線

一応ベースの形に戻りました。 まだネックがオイル臭いのでもうしばらく置いておきましょう。

ベースの形になった


ネックを取り付ける【フェンダーJBのネック交換&リフィニッシュ-11】

ネックの塗装分、ボディ側のジョイントを改めて削ったので、ピックガードもそれに合わせて加工しましょう。

ネックのジョイント前

ネックジョイントの穴4個をあけてネックを付けて、牛骨ナットの形状を整えて、ナット溝を切ったところ。

弦を張って様子を見る

やっとベースの形になりました。 ボディネックの組み合わせがよかったのか生音はバランスよく良い音がしますね。 しばらく置いてみてネックの変化を見ましょう。