ネックが安定したと思われる【レスポールのネック反り修正-10】

パイプレンチで60°ずつまわすとしてトラスロッドが4回まわっていました。 それで順反っていたのですが今はそれで真っ直ぐです。 フレットをきつめに打ったことで少し状況がよくなりました。

安定したと思われる

ハイポジに関しては起き気味だったのですがむしろ少し余裕があってまた順反ってきても大丈夫なくらい、少しだけ逆反りに仕上がりました。

ハイポジも少し余裕がある

お預かりしたときには順反っている分、弦高が高かったのですが、12フレットで1.2~1.5ミリくらいまで下がりました。

随分時間がかかりましたがこれで完成にしましょう☆


最終調整【Performanceの改造-8】

ネックも落ち着いたようですし、最終的な調整に入ります。 ナット溝の深さを追い込むために弦を緩めたり締めたりしていたらG弦が切れました。

頻繁にチューニングを変えなければこうはならないと思いますが、比較的ここが切れやすい構造なのだとは思います。

弦が切れた

ピックアップの音量のバランスも取りました。

完成

ポジションマーク代わりのシールと3弦が干渉するのでお客さんに貼り直してもらいましょう。


ナットを付ける【ゴールドトップレスポールのフレット交換-3】

粗加工したナットを取りつけました。

ナットを付ける

あと少しで弾けるようになります。


フレットを打つ【ゴールドトップレスポールのフレット交換-2】

フレットが打ち終わりました。 サイドが飛び出ているところを削っていきます。

フレットが打てた

ステンレスなのでこういう加工に時間がかかりますね。 その分、フレットは長持ちします。

サイドを仕上げる

次はフレットのすり合わせです。 非常にコンディションがよくすり合わせはすぐに終わりました。

すり合わせ後のフレット仕上げ

フレットが磨き終わりました。

 

フレットのすり合わせが完了

ナットを作って弦を張れば弾けるようになります。


やっと朝顔が咲きました

西洋朝顔なので11月くらいまで咲くと思います。

やっと咲きました

他にも花芽がたくさんできているのでこれからは毎日咲くことでしょう。

花芽もたくさん

横に横に立派に広げすぎたからですかね。