年賀状

ウェブデザイナーさんがわざわざうちまで印刷を手伝いに来てくれた年賀状です。

まだ今宛先を書いているので例によって3日以降のお届けです☆

年賀状

今年も1年有り難うございました。


さらに建て増し【The chipで歪みエフェクターを作る-9】

完成したディストーションです。 お客さまに試奏してもらって気に入ってもらえました。 トレブルブースター側を踏むといい感じにフィードバックもかかりました(ベースなのに)。

改造前

ですが、弾いてみた結果、トレブルブースターは常にオンにしておいて、スイッチを踏むたびにディストーションをオンオフするものと、全く同じ機能で踏んでいるときだけオンにするものに変更したいということなので、さらに改造します。

建て増しに次ぐ建て増しでドンドン複雑になっていきます。 まずは踏んでいるときにだけ効く方のスイッチに、オンをお知らせする赤色LEDを付けます。 写真はポンチで位置決めをしているところです。

LEDを追加する

配線が完了したところがこちら。 ふたつのスイッチを行ったり来たりすることになるので、手前の方が麺類のようになりました。

配線が完了

変わった見た目ですが、回路図にするとけっこうシンプルなのです。 そのうち全体の回路図を描きたいと思います。


ピックアップカバーレリック

こちらは頼まれものです。 56年製っぽくレリックしたピックアップカバーですね。

56ストラトピックアップカバーレリック

こういうことも時々やっています。


ドンドン錆びていく楽器

ハードケースを開けるとネジ類がさびているというミステリアスなベースをお預かりしました。

ケースにしまうたびにどんどんさびが進んでいくそうです。 時にはベースがじっとり湿っていることもあるそうです。 ケースを変えても同じで原因不明とのこと。

最初は、どこかから御札でも出てくるのかとビクビクましたが、よく調べてみるとピックガード付近のフレットやネジ類しかさびていません。 ブリッジ周りやペグは大丈夫なのです。

それで気がつきました。 この1プライのパール柄ピックガードはおそらくアセチ製です。

パール1Pのピックガード

材料屋さんがアセチと呼ぶこの素材は、クシや髪留めなどの代替ベッコウやパール柄素材としてよく使われているものです。 アセテート繊維の材料でもありますね。 これはトリアセチルセルロースとか酢酸セルロースという物質です。

アセチル基は「CH3CO-」なのでこれが加水分解すると素材本体にHがくっついて、アセチル基のほうが「CH3COOH」つまり酢酸になります。

充満した酢酸のガスで周りの金属や塗装が酸化しているようです。 たまたま私がモントルーの社長さんと仲がいいので、こういう素材の特性を知っていましたが、普通のリペアマンは気がつかないかもしれません。

そうと分かれば部品をバラして酢酸から遠ざけます。 さびてしまったものは交換。 使えるものは一度洗浄します。

パーツの洗浄

ネジを見ると空気に触れる部分だけがさびています。 材が湿っているせいでさびているのであればネジの先までさびるはずです。

さびたネジ

ピックガードと一緒にビニール袋に閉じ込めてみた新品のネジです。 2週間でここまで曇りました。

さびたネジ

TAC素材はフイルム用途の素材として、ニトロセルロースとポリエステルの橋渡し的な時期に使われていたのですが、それらが加水分解でドンドンだめになっていっています。

マイクロフィルムなどの重要な記録が失われる危機が世界中で社会問題化していて、これらの事象は「ビネガーシンドローム」と呼ばれています。

今回のお預かり品は、楽器におけるビネガーシンドロームと言えそうです。

TACのビネガーシンドロームで素材が汗をかくことはおそらくないです。 たぶん塗装が変質して塗装の方も同じような崩壊過程に入ってしまっているのだと思います。 古いラップトップPCや電子辞書の液晶画面で同じようなことが起こります。 リフィニッシュか、ピックガードを付けずに外に出しておくかでしょうか。


年賀状を仕入れました

年賀状を仕入れました。 ネットで頼むと数日後に配達員さんが届けてくれます。 便利ですね。

修理依頼書などでご住所をお知らせいただいた方にもお送りします。

年賀状を仕入れました

今年もお世話になりました。