こちらはまだ悩み中【フェンダージャパンオールドプレベ型のネック交換-2】

バダス系のブリッジをのせたいということです。

もしネックのエンド形状を合わせるためにボディを掘って、ネックがエンド側に移動してもバダスが付きそうですね。

悩み中

ピックアップの取り付け位置で音が変わるはずなので、通常ならボディのネックポケットを埋めて合わせるのでしょうけれど、フロントピックアップをハムにするという計画もあるので、ネックの位置を変えてしまっても良いような気がしますね。 その方がきれいに仕上がりそうですし。

リアJの掘り込みは’60sの位置で良いのかな。 珍しい仕様のものを作るときは、いろいろ迷いますね(笑)


ピックアップのチェック【Guitar Violenceの修理-4】

ピックアップの構造や、断線の有無を確認しようとし始めたのですが、結果的にはあっさり終了しました。

壊滅的に断線している

こんなにも電線が出ているのに、白と赤の間に抵抗値が計測できるだけで、他の線は全てオープンでした。

タップ線が出ているので、おそらくコイルが4つ入っていそうなのですが、3つ断線しているということです。

また、分解してどうにかなるような構造でもなさそうなので、ピックアップ交換になります。


音出しチェック【BCP-3とBCP-2Mの試奏機を作ろう-8】

BirdcageオリジナルプリアンプBCP-3とBCP-2Mの試奏機が完成しました。

音出しチェックをしています。 問題なく動作しました。

プリアンプの試奏機が完成

ACアダプターをつけてお送りしたいので(写真は電池スナップ)、ごそごそ探します。

ACアダプターのノイズチェックもしないといけないですね。


フレットを仕上げる【warwick の修理-8】

フレットのすり合わせをして、弦を張ってしばらく様子を見ていました。 少し修正してから仕上げます。

フレットの仕上げ

ピカピカになりました。 ステンレスなので、適度に拭いていれば長くきれいに使えるでしょう。

ピカピカになった

さて次は配線です。 あとシムが厚すぎるような気もするので、そこもチェックして進めましょう。


ペグの取り付けをもう一度【Ritchie Blackmoreモデルのペグ交換-6】

このギターはヘッドが反っていますね。 これは良くあると言えば良くあるのですが、これのせいで両面が平行でなくなっていたりするのが原因で、ペグの動きが悪い可能性がまだ捨てきれません。

ヘッドが反っている

なので試せることは試しておきましょう。

ペグの取り付け位置に関係がある裏側は9.8ミリ径のままにして、トップ側だけ10.0ミリ径に拡げます。 最初から10.0ミリ径に拡げて作業する人もいるので、ルーズになると言うほどではありません。 穴の中の塗装がシュルッと取れる感じでした。

トップ側を10ミリに拡げた

もう一度取り付けます。 実際には付けたり外したりもう何回もやっていますね。

ペグを取り付ける

やはり弦を張らなければスムーズに動くのですが、張力がかかるとギアのかみ合わせに関係する何かしらの手応えがあります。 これはフィッティングの問題ではなく、スパーゼル側のクセとみて良いでしょう。

弦を張ってみた

ゴトーのペグに比べてギアのバックラッシュも大きいですし(逆に回すとカクンとなるあれです)、このギアのかみ合わせ感も使っているうちになじむということなのでしょう。

ネックが安定したら今度こそ完成です。