北区 十条 東十条 / プリアンプの設計・製作、ギター&ベースのリフレット、メンテナンス・リペア、その他ギターに関するご相談

MENU

Home > 製品 > Birdcage ハンドメイド・プリアンプ

Birdcage ハンドメイド・プリアンプ Birdcage Handmade Preamps

Birdcage ハンドメイド・プリアンプ

BirdcageプリアンプBCP-3およびBCP-2Mは、Birdcageが製作するベース内蔵型ハンドメイド・プリアンプです。搭載するベースが持つ本来のサウンドを生かせる回路構成となっていますので、パッシブ・ベース愛好者にもおすすめです。

信号経路にオーディオ用抵抗や高品質なコンデンサを贅沢に投入しつつ、楽器への内蔵が容易なコンパクト・サイズに仕上げました。2枚の基板を向かい合わせにして手作業で組み立てるBirdcage(鳥かご型)配線パターンを採用しています。

配線材にはBelden #8504を採用しました。配線の本数はBCP-3が9本、BCP-2Mが8本。多くの楽器内蔵プリアンプに比べ配線本数が少ないので取り付けが容易です。

少ない歪みで力強いサウンドと電池の長寿命を両立させるため、近年開発された高性能な低消費電流ICを用途に応じて2機種厳選し採用しました。これにより電源電圧に応じた広いヘッドルームを確保しつつ、効きの良いイコライザー機能、及び十分なシールド・ケーブル駆動力を得ることができました。

消費電流は実測平均1mAです(アルカリ電池の容量はおよそ500mAxHと言われています)。また電源は+18Vまでご使用いただけます。電圧を上げるとサウンドはハイファイになりますので、9V駆動の方が楽器的ではあります。

また、イコライザーをフラットにしたときの音色をできる限りパッシブ時に近づけました。そして、BCP-3およびBCP-2Mには入力部分に、パッシブ・ベースで通常使用する長さのシールド・ケーブルに相当する電気的性質をシミュレートした回路を設けました。これにより搭載されたピックアップとケーブルが生み出すパッシブ・ベース特有の高域のピーク感や減衰感を再現し、楽器が持つ個性を最大限発揮できるように配慮しました。一般的なアクティブ・ベースの無機質さはなく、プリアンプの個性が強すぎてプリアンプの音しかしなくなるということもありません。

基板部のサイズは22.5×28.5mmで厚みは11mm。これは一般的なベース内蔵型プリアンプに比較しても十分に小さく、スタンダードなJBのキャビティが約28mm幅で掘られていることを考慮した大きさになっています。

イコライザーのバンド数に合わせて50kOhm Bカーブ、センタークリック付きポットが付属します。抵抗値とカーブが同じであれば、市販されているスイッチ付きやスタック・タイプのものを使用することも出来ます。

BCP-3BCP-3のピーク周波数はBassが150Hz、Middleが750Hz、Trebleは搭載されているピックアップの個性に準じます。変化する帯域幅を広めに持たせることで汎用性を持たせました。3バンドすべてをブーストすると全体域が比較的フラットに持ち上がるので単純にゲインが必要な場面でも活用できます。

BCP-2MBCP-2Mのピーク周波数はHi-Midが1kHz、Lo-Midが320Hzとなっています。変化する帯域幅を限定することで、これまでのベース内蔵型プリアンプにはない積極的な音作りを目指しました。通常のアクティブ・ベースが持つ上品さとはかけ離れた「ガーン!」と前に出るミッドレンジを追求しています。

配線図

BCP-3

BCP-3配線図


BCP-2M

BCP-2M配線図


バイパス・スイッチの増設

ミニ・スイッチやスイッチ付きポットを使用することで、プリアンプのオン・オフを切り替えることができます。図はスイッチ付きポットを使用した場合の配線例です。
切り替え時のノイズを抑えるために、入力及び出力とグラウンドをそれぞれつなぐ100k~1MegOhmの抵抗器が通常よく用いられますが、BCPはこれらを内蔵しています。増設する必要がありませんので配線がとてもシンプルになります。

BCPバイパス・スイッチ配線図

ラインナップ

型番 商品名 価格 取扱説明書
BCP-3 バードケージ・3バンド・イコライザー 24,000円 BCP-3配線図
BCP-2M バードケージ・2ミッド・イコライザー 24,000円 BCP-2M配線図
  • 上記は税抜き価格です。別途消費税を申し受けます。

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせは下記リンクから承ります。

  • お問い合わせ

Topへ戻る

copyright© Birdcage All rights reserved.