北区 十条 東十条 / プリアンプの設計・製作、ギター&ベースのリフレット、メンテナンス・リペア、その他ギターに関するご相談

MENU

Home > 修理 > 配線のオーバーホール

配線のオーバーホール

導電塗料でのシールド作業「音が出ない」「シールドのプラグを動かすとバリバリとノイズがでる」「ボリュームが効かない」などサーキットのトラブルでお困りであればぜひ御相談下さい。

量産されている楽器の場合、配線に十分な手間がかけられていない場合も多く、トラブルの原因になっていることが見受けられます。一度きれいに配線を引き直すことはトラブルを未然に予防するのにとても有効です。

また、外来ノイズにお困りの方にはピックアップ・キャビティやコントロール・キャビティを導電塗料でシールドする作業も合わせておすすめいたします。

実例

配線のオーバーホール実例Before001配線オーバーホールの実例After001


配線のオーバーホール実例Before002配線オーバーホールの実例After002


配線のオーバーホール実例Before003配線オーバーホールの実例After004


配線のオーバーホール実例Before003配線オーバーホールの実例After004

価格

配線のオーバーホール 10,000円
導電塗料の塗布 +3,000円
  • その他ジャックやボリュームポットなど交換する部品がある場合は別途部品代を頂きます。

部分修理ですむ場合

導電塗料の塗布のみ 5,000円
  • 上記は税抜き価格です。別途消費税を申し受けます。
  • その他配線の修理でお困りのことがございましたらお問い合わせ下さい。

納期目安

1週間

お問い合わせ・修理のお申し込み

修理をご依頼のお客様は、「楽器をお預かりする際のお願い」を必ずご確認下さい。

修理に関するお問い合わせ・お申し込みは下記リンクから承ります。

Topへ戻る

copyright© Birdcage All rights reserved.