アッセンブリー配線が完了

ピックアップが付きました。

ピックアップの取り付け

6-32のタップです。 これで溝を付けてからの方がネジがピックアップにスムーズに入っていきます。

6-32のタップ

配線が完了したところ。

配線が完了

3枚並べてみました。

配線が完了

いい感じですね。


アッセンブリーの製作

ストラトのアッセンブリーを作ります。 3枚まとめて作るのでひとりで流れ作業です。

アッセンブリーの製作

ピックアップも作ります。

ピックアップの製作

あとはピックアップを結線したら完成です。

 


トレブルブースターを後段に増設する【The Chipを使ったディストーションの改造-2】

改造前が上の図です。 一昨日はこのゲインアンプのところをFET2段直結にしてファズ化してしまい失敗に終わりました。

The Chipもゲインアンプにすることにします。 ここのゲインを上げればダイオードクリッパーで歪むのでファズ化しませんね。 で、増設するアンプは歪み部分よりあとに持っていってトレブルブースターにします。

ポストトーンに

配線を解体します。

解体する

スペースの都合上、もとから付いていた基板と一昨日製作した基板を小さくカットしました。

配線作業

建て増しに継ぐ建て増しで、配線が大変なことになっています。 これ以上配線をきれいにしようがありません。 したければ最初から作り直すことになります。

配線が完成

バシャーーーっと耳をつんざくようなえげつない歪みができました。

完成

見た目はこうなんですけどね(笑)

 


基板を試作する【The Chipを使ったディストーションの改造-2】

歪みの前段に入れているブースターを2段直結にしたらどうなるのか調べてみたいので基板を作ります。

基板を試作してみる

基板パターンを考えて透明な材質のものでテンプレートを作ります。

基板パターンを作る

生基板をカットします。

基板をカット

穴あけをします。

基板の穴あけ

基板パターンをレジストペンで描きます。 この時にパターンを裏側から見られると便利なので、透明なテンプレートを作っています。

レジストペンで描く

エッチング液に漬け込みます。

基板のエッチング

レジストを拭き取ります。 ブレーキクリーナーで落とせます。

レジストの掃除

背の低い部品から順番にハンダ付けしていきましょう。

部品の取り付け

完成した基板。

基板が完成

取り付けてみます。

取り付けてみる

トレブルブースターのコンデンサは1μFまで増やせるようです。 効く周波数が下がることでよく効くように聞こえるはずです。

1μFまで増やせそう

この部品ですね。

部品を交換

で、音を出してみてどうだったかというと、全くダメでした。 ダイオードクリッパーの歪み段に入る前にゲインが上がりすぎて、FET2段直結増幅のところでファズとして機能するだけでダイオードクリッパー部分がハイゲインになりません。

考え方を根本から変えないといけないようです。


内部を思い出す【The Chipを使ったディストーションの改造-1】

以前作った歪みエフェクターです。  ゲインが足りないので増幅段をもうひとつ追加することになりました。

The Chipを使ったディストーション

以前の資料を見返しつつ、どうなっているのかを思い出しています。