非安定型トランス式アダプターについて

お客さまから「一部のエフェクターに『トランス式アダプターをつながないで下さい』と書かれたものがあるのはなぜですか?」というご質問をいただきました。 コラムとして、とてもいいテーマだなと思ったのでここにも書き残しておきます。

そのエフェクターについてはハッキリとしたことはメーカーに聞いてみないともちろん分からないのですが、私にはトランス式アダプターの特性に関係があるように思います。

マルツという電子部品屋さんのこのページを見てみて下さい。

グラフ1にあるように、安定化回路を省略した一番単純な構造のトランス式アダプターの場合、定格電流量を取り出したときに定格電圧になるように設計されていています。

つまり何も機材をつながないときには表示より電圧が高く、機材が電流を必要としたときに電圧が下がってくるというような変化があるのです。 例えば9Vと書いてあるのに15V出ていたとかそういうことが起こりうるわけです。

トランス式アダプターでも安定化回路(トランジスタで組むにしろ、完成品のレギュレーターICを使うにしろ、何かしら半導体を使います。)を内蔵した物であれば、機材の消費電流がアダプターの定格以下に収まっていさえすれば電圧は変わりません。 (余談ですが、定格以上の電流を取り出そうとするとグラフ3のようにレギュレータICの保護回路が働いて一時的に供給が止まると思います。 非安定化の単純なアダプターは熱ヒューズが燃えて終わりのような気がします。)

トランスが非安定化型であっても、パワーサプライが素通しのたこ足配線構造になっているのではなく、安定化回路を組み込んだ構造になっていれば、これも出力電圧が変化しません。

 

写真は私が作ったパワーサプライです。

パワーサプライ

赤矢印のインプットは非安定化型の12V(実際は無負荷時15Vくらい出る)ですが、オレンジの回路で9.8Vに安定化されますので、水色の出力は何をつないでも9.8Vで動きません。

サイトを見たところ話題に上がったオプティカルコンプは消費電流が約230mAと結構多めでした。 おそらく光学素子でゲインをコントロールするためにLEDかなにかを付けたり消したりするのにも電流をたくさん使っていると思われます。

ですので警告の理由としては、アダプターの電圧が高くて内部の部品が壊れることがリスクなのか、電流を取り出したときに電源電圧が下がってしまうことによる誤作動や効き方の変化が問題なのか、両方考えられます。

おそらく両方問題なんでしょうね。内部でプラスマイナス15Vに昇圧しているようなので、もしこれを越えるとオペアンプがそろそろ壊れる値ですし、コンプは効き方が命なのに、電源電圧の変化のせいで効き過ぎたり歪んだりしてはもともこもありません。 こだわるならこのコンプだけ電源を専用にしても良いくらいかもしれません。

もしメーカーに確認の問い合わせをするなら「私の使用している電源は非安定化トランス式アダプターを使用していますが、パワーサプライには安定化回路が付いています。 エフェクター全ての総消費電流も問題ありません。 この場合は非安定化トランス式アダプターを使用しても問題ないという理解で良いでしょうか?」みたいな訪ね方をするのが良いかもしれませんね。

先日の寒波のように、電力供給が不安定になってコンセントに来ている電圧が100Vからジリジリ下がる時には、単純な構造の非安定型トランス式アダプターはそれに比例して出力も低下することになります。

 


ナット溝の高さとハイポジションのビリつき

ナット溝が高いと、12フレット上での弦高を調整したときにサドルの高さが低くなるので、結果的にハイポジションがビリつくという相関関係ってあるかもしれませんね。

ナット溝とハイポジション

適正なナット溝の高さから比べて、極端に高い場合は、ナットから遠く離れたハイフレット側に影響が出ている可能性があります。


ピックアップの位相のチェック

写真はピックガードアッセンブリーが完成したところです。

ボリュームの2番端子がジャックにつながるので、そこから直流電圧表示のアナログテスターに出力して、ポールピースを鉄製の工具で叩いたときの針の振れる方向で位相を確認します。

位相のチェック

ハーフトーンでフェイズアウトしていないかこれでチェックできます。

テスターの黒いリードはアース電位のどこかに触れていれば良いのですが、コンデンサの足がワニぐちクリップでつかみやすいですね。


指板が割れるメカニズム【本当にダメになってしまっているネックの研究-1】

これは数年前に、とある仲の良いお客さんがオークションで手に入れたというネックです。 あまりにも状態が悪いので所有権を放棄して帰られましたので、それからずっとうちにあります。

本当にダメになったネック

指板の表面がバッキリと割れています。 ネック材が柔らかくてトラスロッドナットがめり込んでいった結果、押しつぶされた木部が指板を持ち上げて割れるのです。

反った分を指板を削ることで無理やり修正しようとすると指板が薄くなって強度がなくなり、さらに割れやすくなります。

指板が割れている

ネック裏はこんな感じ。 スカンクストライプがないので、トラスロッドは表側から仕込まれています。

ネック裏

メイプルにメイプルが張られているので、境目がパッと見ただけでは、よくわかりません。

ナット部分

バインディングのラインがぼやけているので、指板を削ったあとに貼り直したような気配がありますね。

バインディング部分

ヒールはこんな感じ。 ネジ穴もダメになっていそうです。

ヒール部分

トラスロッドがめり込んだ分、スペーサーが入っています。 これがまたさらに木部をつぶしていくのでしょう。

こういうネックにはベンドロッドは向きません。 潰れて、反って、締めてを繰り返していつかは割れるだけでしょう。 2ウェイロッドとかチャンネルロッドといった構造のものに交換すれば何とかなるかも知れませんね。

ロッドナットを外したところ

どうなっているのか知りたくて、研究のためにバラします。 まずはフレットを抜きました。

フレットを抜いた

1フレットのブロックポジションマークを外しました。 ここも埋木の横が割れていますね。 そもそもこれはベンドロッドなのかどうかもよく分かりませんね。 ロッドのストッパー部分が出てくるのかと思ったのですが埋木は真っ直ぐです。

1フレットのポジションマークを抜いてみた

エンド側もマークを外しました。 埋木周辺から割れています。

ポジションマークを抜いてみた

バインディングを外した結果、指板は1弦側が多めに削られていることが分かってきました。

エンド側の指板の残り具合

サイドポジションマークの位置が変わっていますね。 上のマークの中央が指板の貼り付け層です。

1フレットの指板の残り具合

ナット付近の指板の貼り付けはこういうラインです。

ナット部分の指板の残り具合

これ、一度指板を剥がしてみたいですね。

こういう「ロッドトラブルでたたき売られてしまっているかわいそうなネック」たちをまた使えるようにできないものでしょうか。 ロッド入れ替えを練習するのもいいかもしれませんね。

木が柔らかいのは強度面で問題ですが、もうこれ以上地球の木を切れないようになってきていますし(ローズ材もきびしいですよね)、あるものを大事に使ってみるのも良いかもしれないという気持ちになってきているのです。

学生時代を共にしたグレコとかフェルナンデスとかも、復活させてまたガンガン鳴らしてほしいと思っているので、修理受け付けを再開したら押し入れから出してオーバーホールに持ってきて下さい。

 


動くのかどうかは分からないレールスプリッター回路図

TI社のICが入手困難になっていくとすると、簡単で便利なレールスプリッタIC、2426もなくなるのではないでしょうか。

レールスプリッタという、プラスマイナスの電源の中点に仮想グラウンドを作る回路はに、いろいろ発展系があります。

抵抗で分圧して大容量コンデンサを付けるだけの方式、そこにオペアンプを追加して仮想グラウンドをバッファする方式、そのオペアンプの帰還ループの中にさらにディスクリートでバッファを組む方式、オペアンプの帰還ループの中にバッファICを入れる方式、ディスクリートで上下対称のカレントミラー回路を組む方式・・・

どれもいまひとつ、わざわざ自作するほどの魅力を感じないなあと思っていたらこんな回路図が思い浮かびました。

動くのかどうかは知りません(笑) もし作る人がいたらあてはまりそうな定数も自分で調べて下さい。

レールスプリッターを妄想する

ホイートストンブリッジの中に閉じ込められたオペアンプが反転入力と非反転入力の電位をゼロにしようと電流を吐き出すことで、左のアンプの負荷がほぼゼロになって性能が上がるという仕組みのレールスプリッタです。

無難に大容量な導電性固体アルミ電解とか付けておけばたぶん動くのでしょうし、性能も悪くないのではないでしょうか。 RとLとアースが3極全部Class-AA方式になるヘッドホンアンプって変わった回路だし、作るのも難しくないので自作する楽しさがありそうだなと思いました。

まぁ、分圧抵抗と大容量コンデンサだけでも動くわけで、もはや自己満足でしかないかもしれませんが、それこそが自作電子工作の楽しさでもあります(笑) いつか作ってみたいですね