樹脂部品のレリック加工

この部品の角を丸めるのが上手くなってきました。

角を丸めるのが上手くなった

加工済みがこちら。

いろいろレリック


エスカッションの交換

ブログを見たお客さまからご連絡がありまして、エスカッションは元のままがいいということです。

こういうことじゃないんですね。

こういうことではないらしい

と言うわけで、もう一回配線を外します。 ハムバッカーなので4芯線なのですが、それをまとめてある熱収縮チューブが引っかかって出てこないのでここもバラします。

配線をもう一度外す

元のピックアップをバラします。

エスカッションを分離する

エスカッションを取り付けるネジ穴は元の穴にも、黒いエスカッションに合わせた穴にも合いません。 ハムバッカーになってキャビティに対して窮屈になっているので、ここ!というところにしか付けられないのでネジ穴をあけ直します。

元のネジ穴とも合わない

ピックアップの高さ調整ネジが、フラットなエスカッションに合わせたものなので、こっちのエスカッションを付けるとピックアップをこれより下げられないですね。

付いた

赤い方のベースもエスカッションを戻しましょう。


中古の50mm1.8Dをつけてみた

デジタルではフルサイズ機を持っていないので、フィルムカメラ用の標準レンズがありませんでした。

50m f1.8Dを中古で買いました。 同じ50mm f1.8でもGタイプレンズと違ってDタイプの方は設計が古いせいか、デジタルだと写りがフワッとしますが、フィルムで撮っている作例をみたらこっちの方が好きだったので手に入れました。

中古のレンズ付けてみた

何より小さくて軽くてお高くない(中古で1万円くらい)。 カメラがヤフオクで2千円だったので、この金額なら雨の日のお散歩にも持っていきやすいです。 お散歩カメラはお値段も重要です(笑)

 


ネックポケットの掃除【ドットバインディングJBの組み込み-9】

ネックポケットを進めましょう。 塗装があるのでネックがはまりません。 でもセットで木工を頼んだものなので、あと少しではまりそうですね。

ネックをのせてみる

ネックポケットの中に入っていた塗装を掃除しました。 木工をお願いしたヤマ楽器の焼き印が捺されています。 気合いを入れて作ってもらうために焼き印を捺してもらうようにお願いしています。

ネックポケットの掃除

掃除しただけでスッポリ収まりました。 ネック側の塗装も薄めなのでこうなったのでしょう。 木工をした季節と気温や湿度が違うことで伸び縮みもしていますから、その範囲ではまったのだと思います。

はまった

センター治具をあててみます。 問題なさそうに見えますね。

センターも大丈夫そう

ネック裏の生地着色が乾いていますので、オイルを染みこませてしまいましょう。

ネック裏のオイルフィニッシュ

オイルは乾いてから一応もう一回塗ります。


フレット周りの作業【ドットバインディングのブラックJBの組み込み-2】

こちらはブラックの方ですね。 フレットのすりあわせなどを進めました。

フレットのすり合わせ

ブッシュを押し込みます。

 

ブッシュの取り付け

ツヤありブラックは傷が目立つのでブロワーでゴミを飛ばしてなるべく触らないように作ります。 オーナー様は「傷くらい気にしませんよ~気楽に!」と言ってくださるのですが、そうは言ってもやっぱりきれいに作りたいところです(笑)