バンドメンバーにコードの付け方を教える会

高校時代からやっているのに誰もまともに楽器が弾けるようにならないことでお馴染みの「たけたけsounds」というバンドの集まりです。 なぜか変態的な変拍子があって自滅しているという説もあって、100曲くらい作ったのにレパートリーがなくてライブができません(苦笑)

コードの付け方を教える回

今回は、リハスタなどでの練習ではなくて、冬の間にテレワークで製作を進められるようにコードの付け方を学ぶという地味な集まりです。

コードの付け方を教える回

鍵盤の白と黒をパンダに模した「けんぱんださん」というワークシート式のツールを5年くらい前に考案しました。 今回はそれの使い方を覚えてもらうのがテーマです。

簡単に書いておくと、まず鼻歌デモテープに使われている音階をギターなどで調べて音名に○を付けて、それ以外のところを黒く塗っていきます。 白黒で塗られたⅠとかⅡとか書いてあるものさし(けんぱんださん)をあててピッタリと合うところを探します。

「Ⅰはfの音だ」などが分かったら表の3音和音の欄と4音和音の欄に音名を書き込みます。 理論の勉強しなくても、これだけでいわゆる「ダイアトニックコード」が分かるようになります。

将来的にはⅡ-Ⅴ-Ⅰみたいなことも書き込めますし、キーは12個しかないので、12枚完成させたら一生使えます(ヴィクター・ウッテン氏みたいに30個と数えるレベルの人はけんぱんださんは関係ないです笑)。 Ⅰsus4とかサブドミマイナーとかモーダルインターチェンジみたいな、ここにはないけれどもよく使われるコードは別の表にしておこうと思います。 (この写真↓だけ、ぱんだ壱号さん撮影)

コードの付け方を教える回

お世話になっているウェブデザイナーさんが作ったクリスマス飾りがきれいでした。

クリスマスの飾りがきれいだった

20年くらいバンドをやっていて曲も作っているのに自分ではコードを付けられなかったボーカリストが、自分の持ち曲にコードを付け始めたのはとても痛快でした。

コードの付け方を教える回

もっとブラッシュアップして使いやすくなったら、ウェブデザイナーさんが使い方動画を一緒に作ってくれると思います(期待)。


ベースを分解した【JBをシェルピンクにリフィニッシュする-3】

ベースをバラバラにしていきます。

分解していく

何か液体が入ったのかジャック周りの配線が湿っています。

なにかしっとりしている

補強のために熱収縮チューブを付けてあったのですが、それが触れていたところが濡れていますね。

ボディ内も塗れている

中の配線は問題なさそうです。

配線は大丈夫そう

バラバラになりました。

バラバラになった

色見本を確認しつつ、塗装屋さんに相談していきましょう。 キャビティの中をマスキングしておいた方が良さそうですね。


テレキャスターのピックアップを巻きました

テレキャスターのピックアップを作りました。

テレキャスターのピックアップを製作した

断線したジャズベースのピックアップが近く届くようなので、ピックアップの巻き直しをすることになりそうです。


画材屋さんに行ってきた

CDのブックレットアートのために森の絵を描くように頼まれたので、アクリル絵の具用のボードを買ってきました。 20年ぶりくらいに買ったような気がします。

アクリル画用のボードを買ってきた

ついでに防犯カメラ用レンズを付けたカメラでパトロールしてきました。 α7Sを買ったらもう使わないかとまで思っていたFujian 35mm f1.7とNEX5はお散歩写真用のトイカメラとしてまだまだ現役で楽しいです。

画材屋さんへ行った

 

画材屋さんへ行った

 

画材屋さんへ行った

東京に住んでいますが、上野に宿を取って観光客として歩きたいなと思いました。

画材屋さんへ行った

 

画材屋さんへ行った

 

画材屋さんへ行った

 

画材屋さんへ行った

 

画材屋さんへ行った

 

画材屋さんへ行った

 

画材屋さんへ行った

 

画材屋さんへ行った

 

画材屋さんへ行った

 

画材屋さんへ行った

 

画材屋さんへ行った

 

画材屋さんへ行った

 

画材屋さんへ行った