トラスロッド溝の加工【グレコTB-400の修理-25】

ピックガードに切り欠きがりますが実際のトラスロッドはもう少し右ですね。

位置決め

ピックガードをカットします。

ピックガードをカット

ボディ側も加工します。 もともと掘られているので少し掘り広げます。

トリマー加工

トリマーで掘り広げます。

トリマー加工

こんな感じにしました。

加工が終わった

ピックアップのネジ穴をあけました。

ピックアップを取り付けた

配線はこんな感じ。

ピックアップの配線

ナットを加工していきます。

ナットの形を整えた


追加でヒーター修正【MTDの修理-10】

実はトラスロッドが固着して回りにくかったのですが、クリーナーで掃除していたら一気に動き出しました。 このネックのトラスロッドは2ウェイで、結構固く締まっていたようです。 それで真っ直ぐに近くても良いコンディションとは言えません。

ロッド調整

もう一度ヒーター修正をやっていきます。 ネックが長いのでローポジションから始めました。

追加でヒーター修正

しっかり曲げてロッドの効く範囲に持っていきましょう。


ヒーター修正を追加で行う【MoonのフレットレスJBの修理-5】

ローポジションに効きすぎたような気がします。

ちょっとローポジションに効きすぎたかも

ネックが引っかかっているのでアノダイズドピックガードの一部を手加工で削らせてもらいました。

はみ出ていた

ちょっとヒーターで逆反らせすぎたかも知れません。

少し効き過ぎ

少しロッドを緩めました。

ロッドを緩めた

これでちょっと戻ってくれたら良い感じになりそうですがどうでしょうか。