5弦ベースのブリッジの穴を拡げた

5弦がブリッジの穴に通りにくいとのことなので、弦の端の巻きが乱れたところが4.3mmくらいあるのに対して、4.5mmまで拡げてみました。

5弦の穴を拡げた

亜鉛ダイキャストなのでしょうか。 以前ミュージックマンのブリッジの材質が固すぎて穴を開けられなかったことがありました。  削れて良かったです。 


仮ピックガードの取り付け【ジャズマスターのピックガードの製作-7】

ガードを乗せたところがこちら。 やっぱり既存の平板を使うとフェンダージャパン感が出ますね。 一旦これをつけてお返しして弾いておいてもらいましょう。 良い感じのガードが作れたらまたお預かりします。

乗せたところ

配線を目視でチェックしました。 各種ボリューム&トーン、ジャックなど全てがアルミシートを通じてアースされているのでガードを付けないと音出しチェックできません。

配線のチェック

つまり部品の取りつけが緩んだら音が出なくなったり、ツマミを回しても聞かなくなったりします。

配線のチェック

ポケットの形状をボディに合わせました。

ポケットの形状を合わせる

ボディ側のねじ穴がズレているところについては、アルミシートが押し広げられて変形しているので、ピックガードが浮かないように整えました。

アルミシート

ピックガードなどの部品についている保護シートが剥がれないことってありませんか? そういうときはこちら。 ホームセンターに売っているブレーキクリーナーです。

ブレーキクリーナー

ポリ袋に入れてブレーキクリーナーを適量吹き込みます。 乾かないように袋を閉じて20分くらい放置しておくと保護シートが浮き上がってきて簡単に剥がれます。

保護シートの剥がし方


サドルに溝を作る【のんのんさんのヒスコレスペシャルのフレットすり合わせ-4】

すり合わせのために外してあったピックアップの配線を戻します。

ピックアップの配線を戻した

弦を張っていきます。 1弦と6弦の位置を決めて、それを5等分して弦の位置を決めます。

弦の位置を決める

弦溝を作りました。

弦溝を作る

弦を張ってオクターブチューニングを済ませます。

オクターブチューニング

弦交換のたびにブリッジが動かないようにナットを追加して締め込みました。

ネジをロックした

これギターが弾けるようになりました。

弾けるようになった

他にできることが思い浮かばなければお返ししましょう。


バネをカット【o+asis(otasis)のNaridy Bellさんのベースのノイズ処理-6】

3・4弦のサドルをもう少しエンド側へ動かしたいのですが、ネジが縮みきってしまっていてもう動かせません。 なのでネジをカットさせてもらうことに決まりました。

バネをカットした

これでオクターブチューニングができるようになりました。 チューナーで見ても気にならないくらいに合いました。

オクターブ調整

これで今度こそ完成で良いと思います。

完成


調整【スペシャル(20240628お預かり)のブリッジ交換-2】

長らく弦を張っていなかったと思われるこのギターですが、弦を張って数日置いておいたら少し順反りました。 トラスロッドを締めます。

ネック調整

弦高を調整します。

弦高調整

ポールピースが1弦に当たってしまっています。 全体的にポールピースの出し具合を調整します。

ポールピースの調整

サドルの溝を追い込みます。 3弦は弦の太さやサドル上の角度などの問題で曲がりきれずにうわずりがちです。 少し他の溝より深めにすると弦高のバランスが良くなります。

3弦のサドル

オクターブチューニングを確認して・・・

サドルの溝を調整

両サイドの2本のネジはナットで固定してしまいます。

コキコキ引っかかる音がするナットにグリスを注しておきます。 溝が狭い場合は上へ引き抜く時にも引っかかりますが、今回はナット材が弦にくっついている感じなのでこれで良くなると思います。

ナット溝にグリスを注す

サドルに通っているオクターブネジをネジロックで仮固定します。

ネジを固定する

いま流通している物はブリッジ本体のネジ穴が大きくなっているようで拭き取るだけでもサドルが動いてしまうくらい緩いです。

仮固定しないと共鳴します。 ネジロックの低粘度か中粘度タイプが良いと思います。 これが乾いたら完成です。