研磨【ヒスコレLesPaul Specialのネックオーバーホール-11】

平らに研磨しました。 TVイエローの層までオーバーサンドしたくないので気を遣います。 他の作業が気にならないで済むようにお休みの日に作業しました。

研磨

トップコート吹き足してツヤ感をつなぎたいです。 来週からリフレットできそうですね。


ブリッジの取り付け【20231125レスポールスペシャルのブリッジ交換-2】

アンカーに塗装が乗っていますが、この機種はマスキングテープではなさそうです。 このままにしておきましょう。

アンカー部

オクターブチューニングの位置を調べて、ブリッジの大まかな位置を決めます。

オクターブの確認

弦溝を切っていきます。

弦溝を作る

細かいパーツが多く、ネジが通る穴を拡げたりもしていますから、変な共鳴が起きないようにネジロックで仮固定します。

パーツの仮固定

ロッド調整をしたいので、ロッドナットを外して清掃しました。 トルク調整剤を塗布してあります。

ロッドナットの清掃

弦高調整とオクターブ調整の結果こうなりした。

ブリッジ部

ピックアップの高さを調整しておきます。 フロントピックアップのマグネットの力で、弦が引っ張られて唸ることがあります。 そのギリギリまでフロントを上げて、リアはそれに対してバランスを取るというのが一番オーソドックスな調整です。 

ピックアップの高さ調整

保護シールを剥がしておいて欲しいとのことなので、ネジを外して剥がしておきましょう。

保護シールを剥がす

スイッチプレートが斜めになっているのが気になります↓ 一度スイッチを緩めて真っ直ぐに締め直して起きました。

スイッチプレートが曲がっている

これで後日確認して共鳴などの問題がなければ完成です。

完成


フレットの研磨【20231125レスポールスペシャルのブリッジ交換-1】

モントルー製バダスタイプブリッジ、Montreux custom wrap around bridge Nickel[商品番号 : 9126]に交換していきます。

レスポールスペシャル

フレットが曇っているから磨いて欲しいとのこと。 曇っているというよりはヘアライン仕上げみたいになっていますね。 サンドペーパーの#800から磨いてバフ仕上げしました。 

フレット

かなりきれいになりました。

フレットを研磨した

ねじ穴位置の精度が悪くてサドルが浮いています。

サドルが浮いている

ネジ先とネジ元の穴を拡げてサドルを一番下まで落とし込みました。

穴を拡げて調整した

取り付けるより一苦労です。