4月のカレンダー撮影を手伝いました

友だちが「自分が写っているカレンダーを毎月発行する」という遊びをしているので、今月も撮影を手伝いました。

4月のカレンダー撮影

「飲食をともなうお花見」は皆さん自粛されているようで、荒川河川敷を「桜の通り抜け」といった感じで楽しんでおられる方が多いようでした。

4月のカレンダー撮影

カッコいいのが撮れて良かったです。


フレットの端をそろえた【ビンテージテレキャスターのリフレット-9】

端から飛び出したフレットをカットしていきましょう。

フレットの端をカットする

削って仕上げます。

フレットの端を削る

これで次はフレットのすり合わせです。

フレットの端の処理が終わった

牛骨ナットの粗加工をします。

牛骨ナットの粗加工

ナットを接着しました。

牛骨ナットの取り付け

ここで次はペグを付けていきたいと思います。


フレット溝を埋めた【サンバースト スティングレイのフレットレス加工-3】

フレット溝を全て埋めました。

フレットレス加工

これでまたしばらく置いておきます。


フレットのすり合わせ【フェンダージャパンストラトのスプリングホルダー修理-4】

フレットのすり合わせをしてきます。 弦を張って試しながらフレットの頂点を整えました。

フレットのすり合わせ

フレットをすり合わせる工程が完了しました。

すり合わせが終わった

フレットの頂点を丸め直します。 元が角張っていたので一度完全に丸めてからもう一度頂点を出し直したり、作業が行ったり来たりしました。

フレットを丸まる

フレットを仕上げます。

フレットを仕上げた

弦を張り替えて調整する前に、元から張られていた方の弦でも一度オクターブなどをチェックしておきます。

一度弦を張る

もうすぐ完成ですね。


ハイフレットから埋めていく【サンバースト スティングレイのフレットレス加工-2】

埋木を作っていきます。

埋木を作る

ヒーターをあててやや逆反らせておいたハイポジションにだけ埋木を入れていきましょう。

ハイポジションから埋めていく

これで一晩置いておくことにします。