ペグの取り付け【LPBドットバインディングJBの組み込み-10】

パドルペグを取り付けます。 66年仕様の特徴ですね。 すでにレリックしてあります。

位置決め

位置決めしてネジ穴をあけました。

ネジ穴の加工

取り付けました。 こんな感じです。

ペグの取り付け


今月も税務ができた

今月も税務・経理が完成しました。

この、やよいの青色申告オンラインの本は内容が古くなってきている気がするので年度末に新しいのが出たら買い直しましょう。

今月も税務ができた

事務作業ができるようになってエラい!

 


赤い方のリッケンもエスカッションを戻す

エスカッションを戻してみたら、こっちはハムバッカーが出てきません。 ピックアップを上げるためにはエスカッションを削らないといけませんが、下げて使うことが多そうなのでここはこのままにしましょう。

ここを削りたくなる

あと、ネジ穴をそのまま使おうとすると、キャビティの壁面にピックアップが当たります。 削ることになりました。

ここを削りたい

バラします。

一度バラす

ブリッジもバラします。

ブリッジも外した

使えそうなテンプレートを発見しました。

ここが当たっている

トリマーで加工します。

トリマーを使う

これでピックアップがあたらなくなりました。

削れた

同じネジ穴が使えるようになりました。

元の位置に付いた

弦を張りましょう。

完成


エスカッションの交換

ブログを見たお客さまからご連絡がありまして、エスカッションは元のままがいいということです。

こういうことじゃないんですね。

こういうことではないらしい

と言うわけで、もう一回配線を外します。 ハムバッカーなので4芯線なのですが、それをまとめてある熱収縮チューブが引っかかって出てこないのでここもバラします。

配線をもう一度外す

元のピックアップをバラします。

エスカッションを分離する

エスカッションを取り付けるネジ穴は元の穴にも、黒いエスカッションに合わせた穴にも合いません。 ハムバッカーになってキャビティに対して窮屈になっているので、ここ!というところにしか付けられないのでネジ穴をあけ直します。

元のネジ穴とも合わない

ピックアップの高さ調整ネジが、フラットなエスカッションに合わせたものなので、こっちのエスカッションを付けるとピックアップをこれより下げられないですね。

付いた

赤い方のベースもエスカッションを戻しましょう。