フレットの修正【g7のPBの修理-3】 

ハイフレットのフレット溝をせまくしましょう。

フレット溝の修正

ローフレットのフレット浮きについては、低粘度の接着剤を染みこませてから圧入固定します。 フレット交換する際には全部いちからやり直すことができますが、今回はこういった簡易補修する方法を使います。

フレット浮きの修理

指板を研磨しました。

指板の研磨

ハイポジションのフレットを打ち直します。

フレットの圧入

12フレットまでの接着固定とハイポジションのフレット溝をせばめる加工が終わりました。

フレットの修正ができた

これでフレットのすり合わせに進みます。


ヒーター修正が効いた【g7のPBの修理-2】 

ネックの反りは大きかったのですが、ヒーターがよく効きます。

ヒーターが効いた

弦を張ってみました。

弦を張ってみた

なかなか良さそうです。 一晩置いておいて様子を見ましょう。


ストラトのパーツのレリック

ストラトキャスターの部品をレリック加工しました。

ストラトのパーツのレリック


配線作業【DCアダプターのプラグ交換-2】

ハンダ付けをすませました。

ハンダ付け作業

爪で固定するには配線が細いので、熱収縮チューブを三重にして太らせてからくわえました。

熱収縮チューブで太らせて固定

完成したところがこちら。

完成

こんな感じになりました。


ピックアップのねじ穴【フェンダージャパンオールドプレベ型のネック交換-13】

ピックアップを取り付けていきましょう。

ピックアップのねじ穴をあける

コントロールは1ボリューム&1バランサーという配列になります。