全体のチェック【YAMAHA SB600の配線改造-1】 

YAMAHA SB600です。 配線を改造することになりました。 お待たせしている間に、お客さまの機材にウィズコロナ的な対応が始まって、改造する内容が変わったりすることが出てきました。

すっかり元気になってきまして、年始に待ってもらっていた修理品もあとひと回しという感じですので、そろそろ修理受け付けが再開できそうですが、これからどんなお仕事が入ってくるのか興味深いですね。

ぜひ新時代の幕開け的な斬新な改造を考えてお待ち下さい。 何でもできる便利屋さんの本領を発揮していきたいと思います(笑)

YAMAHA SB600

ヘッドの形もカッコいいです。 ちょっとペグのバックラッシュが大きい印象です。 3弦は一度ぶつけているのでしょうか。

ヘッド部

2弦のローフレットがビリつくというお話だったのですが、フレットも減っていませんし、フレットの頂点もそろっています。

チューニングもほぼ1回で決まるので、ネックの木材は丈夫なようです。 ネック材が柔らかくてトラスロッドで支えている楽器はチューニングすると順反って他の弦の音程が下がるので何回かペグを回さないといけませんが、このベースはそれがないですね。

こういうネックのベースは寝転がって弾くのにも良さそうです(笑)

2弦のローフレットがビリつくらしい

となると原因はほとんどの場合こっちです。 弦を緩めました。 弦が波打っていますね。 おそらく弦交換すれば問題なくなるはずです。

弦が原因

トラスロッドカバーがおしゃれですね。 ヤマハはいろいろとオリジナルな要素があるので面白いです。

トラスロッドカバー

配線をシリーズ&パラレルに切り替えられるようにします。

配線を改造する

トーンをスイッチポットにしようと思っているのですが、キャビティが浅いです。

キャビティが浅い

ボディの厚みは十分にありますので、ルーターで掘るところから始めようと思います。 いろいろとバラさないといけませんね。

 


隅田川テラス

6時に目が覚めたのでお散歩サイクリングに出かけました。

ここ良いですね。 隅田川テラスなのですが、日が昇ってもしばらく日陰で涼しいです。

隅田川テラス

しかもビバホームが6時半くらいからオープンするので、朝からドリルビットを購入することができます(笑)

8.7ミリのドリル

これでストラトのペグ穴の中に詰まった塗装を掃除できます(笑)


塗装剥がし

自分のベースです。 いろいろレリック塗装の実験台に使われてなかなか弾けるようにならないことで有名なこのボディですが、ボディを生地着色しすぎたために、オリンピックホワイトでは違和感がある仕上がりになることが分かったので、サンバーストを吹きます。

塗装剥がし

スクレーパーで剥がせるところまで剥がしました。

塗装が剥がせた

しかしブログ向きではない地味な作業ですね(笑)

澪フォン(AKG K701)と澪カメラ(LOMO LC-A)を持っているので、サンバーストのジャズベースを持てばけいおん!三種の神器がそろいますね。 左利きではないですが。

もっているだけで上手そうに見える渋いサンバーストJBを作ります。


定休日のアレコレ

血圧と脂質代謝の改善のためにサイクリングを続けています。 折りたたみ自転車ダホンを持っていたので楽しく活用しています。

そもそも、血圧が高めな家系なので、少しでも運動しようと思ってバーンマシーン(グルグル回せるダンベル)を回していたら、あまりにも手軽かつ楽しいものですから、どうやらやりすぎたようでオーバートレーニング症候群みたいになりまして、その自律神経のくるいが年末年始にパニック発作みたいな症状として出たような気がします。

バーンマシーンの回しすぎで人生がバーンアウトすることがあるので気をつけて下さい(笑) なので今年はもっと緩やかな有酸素運動に勤しんでいます。

 

 

見次公園に来ました。 小物釣り部の第2回チーカマ王選手権に使えないかと思って下見に来たのですが、ヘラブナガチ勢がたくさんいて、素人がチーカマで遊んで良いのか心配になる空気感です。

見次公園はヘラ師がいっぱい

あと、友だちの「8月のカレンダー撮影」を手伝いました。 その中の1枚がこちら。

カレンダーの撮影らしい

友だち含めて全国で8人くらいが使っているカレンダーになるのだそうです(笑) 100均の造花ヒマワリなのにリアルでした。