弦を張る【レスポールジュニアにスパーゼルを付ける-3】

ナット溝を微妙に拡げていきます。 深さは変える必要がないので繊細な作業です。

少し溝を拡げる

サドルの方の溝も加工が必要ですね。

サドルの溝も拡げる

で、チューニングしようとしたら1弦が切れました。

1弦が切れた

ピンセットではない側が切れたところです。 山になっているところはペグのロック部分です。 ペグポストからナット側へ曲がろうとしているところで切れているのが分かりますね。

ペグポストの角で切れている

切れた弦の反対側がこちら。 やはり曲がったところで切れています。 切れた弦をよく見るのは原因究明のためにとても大切なことです。

ペグポストの角で切れている

ペグポストにあいた弦穴です。 この穴を加工したときのバリが出たままになっているのだと思います。 写真でも見て分かりますよね。

弦穴にバリが出ている

反対側。 やっぱり角が立っています。 ロックを緩めても中の弦押さえバーが下がらなくて弦を通しにくいものもあるのすが、それは内側にもバリが出ていてバーに引っかかっていると思われますよね。

弦穴にバリが出ている

メッキごと削るのは忍びないのですが面取りするしかないでしょう。 オーナー様の他のギターに付いているスパーゼルでは6弦が切れたということなので、プレーン弦側だけではなく6個とも外して全部丸めましょう(さすがに内側は削れないですが・・・)。

リッチーブラックモアモデルのストラトに取り付けたときにはギアのバックラッシュが大きいのが気になりましたし、今回のペグも取り付けていない状態で回しても巻き心地が重いところがありますし、近頃のスパーゼルは工場でも変わったのかな?というのが私の個人的な印象です。 次のロットで改善してくれると良いですね。


スパーゼルの取り付け【レスポールジュニアにスパーゼルを付ける-2】

ペグ穴を拡げます。 実は最初9.8ミリで拡げましたが、どうもせまいので10ミリに拡げ直しました。

考えてみたらレスポールのヘッドは表裏が平行でないですし、仮に平行に加工してもヘッドというのはよく見ると反っていることがほとんどです。 なのでこの穴は余裕を持たせた方が良いですね。

ペグ穴を拡げる

回転どめの爪が付いているタイプなので、裏側もくぼみが必要なので穴あけしました。

スパーゼルに交換できた

弦を張っていきます。

弦を張っていく

今回は4~6弦は太くなる.010~.052のセットなのでこのまま弦を張ろうとするとナット上で弦が少し浮きます。

弦が浮く

このあたりを加工していきましょう。


ペグを外す【レスポールジュニアにスパーゼルを付ける-1】

年末にお預かりしたときに、お取り寄せ中のペグが届いたらペグも交換する話になっていたレスポールジュニアです。 一旦お返ししてあったのですが、やっと手が付けられました。

LPジュニア

あえて斜めに付けたバダススタイルブリッジです。

前回はブリッジを交換した

横から見るとこんな感じ。

ブリッジの高さ

ツマミが特別仕様のスパーゼルです。 今回はこれに交換します。

特別仕様のスパーゼル

ペグブッシュの太さは測ったら9.66ミリと出ています。 過去何度かは9.8ミリのドリルビットでピッチリと加工していたのですが、ヘッドの表裏って平行でないことが多くて、その差を吸収するためにも素直に10ミリで拡げるのが良いという結論に至りました。

太さを測る

元のペグです。 取り付けの角度ですが、1弦か6弦なら1弦、2弦か5弦なら5弦、3弦か4弦なら4弦の角度が好きです(笑)

ペグの並びが微妙

5弦のブッシュ横に大きな塗装浮きがあります。

白浮き

穴を拡げるときに塗装が飛びそうです。

白浮き

ワッシャーでほぼ隠れますが・・・。

まあまあ隠れはする

ブッシュに押しつけられて浮いているだけなので、あえて切り込みを入れて接着剤の入り口を作ります。

隙間を空ける

ほぼきれいに消えました。 残っているところは層が違う(材と下地の間と思われる)ので深追いしません。

接着剤を流していく

穴を埋めます。

ネジ穴を埋める


良い物を手に入れることができました。

お客さまからスペシャルブレンドのオイルを頂戴しました。

スペシャルオイル

本物のあれと同じ成分で、一部の成分が現代風にバージョンアップされています。 経年変化すると渋い茶色みが出てくるようです。