ローポジションのヒーター修正

一端完成したと思ってネックの様子を見ているのギターなのですが、どうも反り具合が気になります。

ローポジションの順反りが強くてロッドを回していくと真ん中とハイポジションが逆反るようなことが起こるのです。 珍しいパターンですね。

ネックの反りがどうも気に入らない

もう一度ローポジションのヒーター修正をします。

ローポジションのヒーター修正

ローポジだけ暖めてクランプで一晩固定します。 今回は仰向けになっています。


導電塗料の塗布【フェンダージャパンの’70s風JBの改造-2】

埋木したところをノミで整えました。

埋木をノミで整える

ノイズを減らすために導電塗料の塗布を行います。

導電塗料を塗る

ジージーいって、弦から手が離せないような楽器の場合、これをやると一気にストレスがなくなります。

塗った後、アースにつなぐのを忘れる人が多いので気をつけましょう。 あと、2度塗りが基本です。


ピックガードアッセンブリーの製作

ピックアップを作るところから始めます。 ボビンを組み立てる前がこちら。

PUボビンの組み立て

ピックアップを手送りの巻き線機で巻いて・・・

ピックアップを巻く

ワックスポッティングしました。 このあと着磁して・・・

ワックスポッティング

レリックされた60年代風のアッセンブリーを作っていきます。

ピックガードアッセンブリーの製作

できあがったら、音出しチェックと位相のチェックをします。


ルーター加工【テレマスターの組み込み-8】

ピックアップキャビティを掘っていきます。

治具を貼った

こういうルーターという道具で掘ります。

ピックアップキャビティのルーター加工

今回はこれの小型のトリマーというもの使って形を整えます。


ペグのネジ穴を埋めた【フェンダージャパンの’70s風JBの改造-2】

GB-640という60年代風の6角形プレートが付いたジュラルミン製のペグが付きます。

ネジ穴を埋める

まずはネジ穴を埋めました。