雪の日は大人しくオーバードライブ ペダルのDIY

あちこち路面が凍結しているので、お家で大人しくオーバードライブをDIYします。 部品はジャンクパーツ箱にあった物だけ使います。 ネット上にあるCOT50を模した回路図などを元にして、近い部品を集めました。

部品

イメージしているのは、リハスタでジャズコーラスにつなぎっぱなしにするための機材で、シンプルに作るために、フットスイッチもLEDもDCジャックも省略します。

基板のカット

ラグを使ってポイントトゥポイント配線にしたいのですが、ラグがないので作りました。

穴あけ

ハトメを打ちました。

ハトメの打ち込み

ケースは最低限の穴をあけます。

ケースの穴あけ

アクリル絵の具で塗装しました。

ケースの塗装

トランジスタは国産しか持っていなかったので1815BLを使います。

基板の製作

クリッピングダイオードと出力のコンデンサはポットの背中のラグ板に登載しました。 クリッピングダイオードは小信号用と整流用を1個ずつ互い違いに入れました。 これを外したらブースターになります。

ポットのラグ板

つや消しバーニッシュを塗っておきます。 もし剥がれても塗り直せば良いですから自作機材ならこれでもOKでしょう。 アクリル絵の具は速乾性があって自作向きです。

つや消しバーニッシュ

裏蓋を絶縁しておきます。

裏蓋の絶縁

部品を取り付けていきます。

部品の取り付け

バッテリースナップを結束バンドでとめました。 壊れにくくなりそうでいいです。

バッテリースナップ部分

配線をしました。 ゲイン調整ツマミはCカーブが必要になるところなのですが、Aカーブをケースの向こう側に付けることで、あまり違和感なく逆回転で使えます。

配線

バッテリーはいろいろとクッション性のある物で固定します。

電池にクッションを挟む

こんな感じになりました。 ちゃんと音が出ました。

つなぎっぱなし系オーバードライブ

元になったのが線が細めでチリチリした成分を含んだ歪みペダルの回路図なので、入出力のカップリングコンデンサの容量を増やして足りないギャリン!とブリン!を補う方向にカスタムしたいです。

つなぎっぱなし系オーバードライブ

ギター側のボリュームにスムーステーパー抵抗やハイパスコンデンサを付けて、クリーン~クランチ~オーバードライブまでを手元でコントロールできるようにすれば、このオーバードライブをジャズコの一部として考えて、不要なツマミがないシンプルな状態で音作りできそうです。 ジャズコならリバーブも使えますし。

ギタリストにマーシャルを取られてしまいがちな、ギターボーカルの人が使うことを前提に、商品として作り込んでも良いかもしれません。


P-90タイプの試奏をしてもらった

日ごろレスポールスペシャルをたくさん弾いているギタリストさんに弾いてみてもらいました。

P-90タイプの試奏

最後まで仕様を悩んだフロントピックアップもお褒め頂きました。 仕様を決めて材料を発注します。

イメージとしてはギターボーカリストがアコギのような感覚で歌いながら弾けるピックアップです。 アルペジオ奏法における美しい分離感も出せたと思います。


2イン2アウトのABボックスの製作

Godinのギターから出ているピエゾピックアップアウトとマグネットピックアップアウトを同時にミュートできるABボックスが欲しいというご要望です。

ギターを含めていろんな種類の楽器の持ち替えが曲中にあるそうで、ボリュームペダルよりコンパクトでボードに組めて、ハッキリ分かりやすく赤信号と青信号が表示される必要があります。

部品

部品の配置を決めました。 こんな感じになります。

配置

まぶしかったら後から調整するので高輝度LEDでまぶしいくらいにしておいて欲しいということなので、元気いっぱい電流を流して作ることにします。

回路図

穴あけはこんな感じ。

穴あけ

配線をしました。

配線作業

LEDの電流制限抵抗は1kΩにしました。 赤は順方向電圧が低いので100Ωくらい足していたのですが、赤の方が暗く、赤の方に少し多めの電流が流れるくらいでいいのでやめました。

スイッチ切り替え

ダイモで表示を張れば完成です。

スイッチ切り替え