ピックアップの着磁と組み立て

着磁が終わったので、ピックアップカバーや配線を取り付けていきましょう。

カバーの取り付け

できあがったピックアップはこんな感じです。

完成


クルーソンペグのレリック加工

ペグのレリックをしました。

ペグのレリック


ピックアップカバーのレリック加工

こういう新品のカバーを加工して・・・

加工前

こんな感じにしました。

加工後


ピックアップをワックスポッティングした

たくさん巻いているピックアップをワックスポッティングしました。

ワックスポッティングを済ませた

コイルが動くたびに音が出てしまうマイクロフォニックという現象によってハウリングが起きないように、溶かしたワックスにコイルを漬け込んで固定します。


SPARMAX(スパーマックス)FLYER-SR(フライヤーエスアール)使ってみた

格安エアブラシによくあるような、エアーノズルと塗料ノズルが別にあって、エアーで塗料をボトルから吸い上げるものと基本的には同じ仕組みだと思うのですが、想像以上に霧が細かくて驚きました。

エアーを効率よく使って霧を作り出しているように見えます。 取りあえず私の用途では便利に使えそうです。

瓶のキャップが塗料ノズルを兼ねているので、色をたくさん使う場合はカートリッジ代が高くなってしまいますが、プラモのサフだけこれを使うとかならみんな1台欲しいくらいではないでしょうか(使い込んでいる人によると100均のボトルでも代用できるらしく、ノズルを洗えば普通のエアブラシのようにも使えるそうです)。

FLYER

トグルプレートをレリックしました。