サドルとナットに弦溝を切る【メロディメーカーの改造-4】

キャビティ内も確認しておくことになっているので、特に作業することはありませんが開けてみます。 パッと見た感じ問題なさそうですね。

キャビティ内部

ただこの金属製のプレートはSGか何かの流用だと思うのですが、形が合っていないので力業の痕跡が見て取れます(笑)

流用なので形が合っていない

ピックアップキャビティの中はこんな感じでした。 フロントピックアップがこれより下がらないみたいですね。

ピックアップキャビティ

左利き用になっていたサドルを交換して右利きにします。

サドルの弦溝

オイル漬け牛骨ナットにも弦溝を切りました。

ナットの弦溝

これで弦が張れます。

弦を張ってみた

モントルー製のバダス型ブリッジが付いていますが、この両端にあるネジ2本がやっぱり共鳴します。

考えてみたら、普通は弦の張力でこのネジはスタッドに押しつけられていますが、この使い方では触れているだけです。 弾いているうちに緩むのですね。

オクターブネジが共鳴する原因

ということで、このネジを固定するためにナットを取り付けます。

M4かと思ってステンレスのナットを買ってきたのですが、何かのついでにモントルーに確認したらいここはインチ規格のネジだということでした。

バンプオブチキンの藤原さんのレスポールススペシャルにもオクターブを固定するナットがついる関係で、このナットを取り付けたい人が何人か身近にいるのでいくつか余裕をみて手配しておこうと思います。


弦を張った【ノーキャスターの配線修理-5】

弦を張りました。 ピックアップの音も問題ないのでこのギターはこれで完成です。

弦を張った


フレットのすり合わせなど【カスタムショップ製JBのネック修理-5】

すり合わせしていきます。 弦を張った状態での頂点の並び具合を検証しながら作業します。

フレットのすり合わせ

フレットを磨いていきます。

フレットを仕上げる

フレットが仕上がりました。 ピカピカです。

ピカピカのフレット

ブッシュの浮きが気になっていたので押し込んで固定しておきます。

ブッシュ浮き修正

弦を張りました。

弦を張った

これで大丈夫かどうかよく調べましょう。


コイルを巻き直す【PBピックアップの巻き直し-2】

ボビンの内側に入り込んでいるラッカーを除去しました。

ラッカーを剥がす

コイルを巻きました。 多めに巻いておいて、計測しながら5.4kΩ付近までほどいてから端末処理します。

コイルが巻けた

ワックスポッティングが完了したら計測です。 主に位相が合っているかどうかをチェックします。

位相のチェック

上手くいったようです。


改造が完成した【冬休みの自由研究-5】

年末年始に電源の強化改造に取り組んだこのヘッドホンアンプですが、バッテリースナップなどの取り付けや電源の配線が完成しました。

電源の配線

フタをしたところがこちら。

フタを付けたところ

直流アンプなのですが、オペアンプの電源をレールスプリッターICできっちり上下同じ電圧にしてあるのもあってか、グラウンドと出力の直流電圧はほぼほぼゼロに仕上がりました。

電池を取り付ける

トランジスタバッファの電源にコンデンサアレイを入れたせいか、低音再生にすごく余裕があって、特に打ち込み系ベースラインの低い周波数帯域の量感が明らかに持ち上がりました。 キックのアタック音の立ち上がりも良くなったように感じます。

オペアンプの電源電圧を18ボルトにしたので、高域も高い周波数に伸びた感じがします。 高域が歪みっぽくなくなって耳に痛くないせいか、音量を上げることができるので、結果的に低音の量感がさらに上がります。 中毒性のある音で気に入っていますが、自分の好みの領域を越えて、ちょっと行き過ぎたような気すらしてきました(笑)

ベース用に内蔵型プリアンプ(イコライザー)を製作することが多いので、ヘッドホンアンプもアンプの回路図にばかり興味が偏っていたのですが、パワーアンプは具体的にスピーカーを駆動する部分なので、電源回路の方が足を引っ張っていることが多いような気がしますね。

「アンプの音は電源の音」ってよく言いますけれど、今回はそれを実感できて良かったです。