Tak Matsumoto

今日はお話ししたお客さまおふたりともからTakさんの話が出ました。

Tak Matsumotoモデル

それにしても美しいギターですね。


トレモロの取り替え【Red special改造記録-3】

アンカーを抜いてトレモロを交換します。同じ直径のアンカーなので交換しなくても装着可能なのですが機能性が違うので交換することにします。

 

アンカーはこんな工具を使って抜くことができます。

トレモロのアンカーを引き抜く工具

新しいアンカーを押し込んでみました。

 

アンカーを入れ直したところ

裏側はこうなりました。ボディが薄いのでアンカー全体を埋め込むためには貫通させるしかありません。上にはみ出すか裏にはみ出すか、悩みましたが今回はこうしました。

アンカーの裏側

もとのアンカーは筒状でしたが、このアンカーは底が平らになっていて表から見ると行き止まりになっています。これがこのアンカーに追加されている機能です。

まずは太い方の六角レンチでスタッドの高さを調整します。

トレモロ・スタッドの高さ調整

その後、中に隠されているイモネジを小さい方の六角レンチで締め込むと、中でアンカーの底部に突っ張ることでスタッドが固定されます。

トレモロ・スタッドの固定

弦振動をしっかり受け止めてくれそうですし、弦交換時に弦高が変わらないでいてくれるのは助かりますね。


ピックガードのネジ穴を修正します【Red special改造記録-2】

一度外したピックガードを元に戻そうとして気がつきました。 いろいろずれていて元に戻りません。 ネジ穴がかなり傾いています。これはネジ穴がずれているので引っ張られているのです。

Red specialのPGネジ

あと、ネックの際の塗装が斜めに盛り上がっていてピックガードと干渉しています。ピックガードのここにあたる部分を削ることにしました。

Red specialのネック際

埋木するための棒を切り出して差し込んでみたところです。これは一手間かけて弾くギターですね。

Red specialのネジ穴埋め1

こんなファン心をくすぐるギターをこの低価格で提供してくれているのですから、このくらいの手間をかけてから弾くのも良いのではないでしょうか。

Red specialネジ穴埋め2

接着剤が乾くのに時間がかかりますし、ついでにピックアップ・キャビティにも導電塗料を塗ることにしました。

 


ロック式ペグに交換しました。【Red special改造記録-1】

 

もともとロトマティック・タイプのペグが付いているのですがお客様のご要望でこれをさらにゴトー製のロック式ペグに交換します。

最初の取り付け状態はこんな感じ。iPhoneのカメラ・レンズが広角で写真が歪んでいることもありますが、傾いて付いているものがあって気になります。

Red specialペグ

とりあえずネジ穴を埋めて開け直すことにしました。 接着剤のはみ出しが気になるところなのでマスキングテープを使用しました。

Red specialペグネジ穴埋め

あけ直した穴と元の穴のズレはこのくらい。埋めたところの接着剤にまたがる穴をあけるのは難しいですね。

Red specialペグねじ穴の開け直し