ジェスカーフレットのサンプルネックを作る

塗装修正は簡易的に缶スプレーのウレタンニスにしました。 軽く研磨してフレットを打っていきます。

まずはフレット溝を補修します。 いろいろなフレットに対応する必要があるからです。

フレット溝を補修する

フレットによってタングの幅が違うので1本打つごとにサイトでスペックを確認して溝を作るという忙しい作業になります。

フレットを打つ

シールを貼りました。

ジェスカーフレットのサンプルネック

ヘッド側が細いフレット、11フレットはほぼ3ミリ幅あるスーパージャンボフレットです!


ボディ側の配線【フェンダージャパンJBネック交換-5】

これが元の配線です。

元の配線

ブリッジアースは銅板を通じてリアピックアップの下の銅板につながっています。 そこからアース線がでています。

なぜかリアピックアップのコールド線がキャビティにねじ止めされています。 これは余り意味がない構造です。

アース線周り

バラバラにしたついでに導電塗料を塗ってシールドします。

導電塗料を塗る

乾いたらアース周りから配線を始めましょう。


ナット溝【カスタムショップ製JBのカスタム-8】

ナット溝を削って弦を張っていきましょう。

ナット溝を切る

しばらく弦を張っていなかったのでこの状態で変化をみます。

弦が張れた

ピックガードをエッジを尖らせたリアルセルロイドピックガードに変えたから格好良くなりましたね。