ネック裏のオイルフィニッシュ作業【フェンダーメキシコストラトのネック裏オイルフィニッシュ-2】

線を引いたところまで塗装と古いオイル塗膜を削っていきます。

線を引く

こちらも削ります。

線を引く

スクレーパーで削ったあと紙やすりで仕上げました。 ここでさらさらにしておかないと着色のかたよりがでたり、さわり心地にも影響が出ますので丁寧に。

研磨完了

生地着色でグリップの色を周辺に合わせました。

生地着色

オイルを入れていきます。 オイルは1日おいてもう1回塗ります。

オイルフィニッシュ後

なかなか良さそうですね。

 


打痕修正【フェンダーメキシコJBの修理-2】

一晩乾かしたので研磨していきましょう。 鉄製のやすりで加工したあと、紙やすりで周辺のペーパーサインに合わせていきます。

研磨開始

触っても分からないところまでなじみました。

修正完了

弦を張って完成です。 少しトラスロッドを回してネック修正しました。

弦を張って完成


ハイポジションも追加で修正【レスポールのネック反り修正-5】

ハイポジももう少し逆反らせておきたいです。 こちらも追加で修正。

ハイポジションも追加で修正

安心して使ってもらえるようにしたいですね。


全体のチェック【フェンダーメキシコストラトのネック裏オイルフィニッシュ-1】

フェンダーメキシコ製のストラトです。ネック裏のリフィニッシュでお預かりしました。 オイルフィニッシュになります。

フェンダーメキシコストラト

ご自身でオイルフィニッシュされたそうですが、色を合わせてもっとサラサラに仕上げ直します。 今はエキゾティックのオイルが塗られているのではがします。

ネック裏

何かがカチャカチャいっていると思ったらジャックが緩んでいました。 締め直しておきます。

ジャックが緩んでいる

ブッシュの浮きが気になります。 ここも修正しましょう。

ブッシュが浮いている

6弦の解放の音がおかしいです。 ヘッド側に紙をはさむとよくなりますね。 原因を探しましょう。 5弦解放も同じ症状がうっすらあります。

ナット付近から異音がする

溝ですかねえ。