弦アース線を交換した

導電塗料を剥がしたストラトですが、コントロールキャビティの導電塗料に打ったラグにつながっていた弦アース線を、ピックガードの側に直接つなぐことになりました。

弦アース線を交換した

50mmほど長い線に交換しました。 ここは金属量が多いのでW数の高いハンダごてが必要になります。


ベイヤーDT250のケーブル修理

ベイヤーのヘッドホンです。DT250の80Ω仕様。 すでにリケーブルされているのですが、右側が断線しています。 最初はカールコードが付いているそうですね。

ベイヤーDT250

固定材をバラしたら、中はこうなっていました。 4芯に対応できる端子数があるのですが、2芯とシールドにして、シールド網線をふたつに分けてコールド側につないであるようですね。

R側が断線している

10センチくらいカットしてつなぎ直しました。 引っ張られたり押し込まれたりして断線するようですから、動きにくくしておきたいです。 結束帯を使ってみることにしました。

配線をし直す

引っ張ると結束帯が引っかかって、押し込むとホットボンドが引っかかるようにしました。 あと、熱収縮チューブで外径を太くしてあります。

線を固定した

これで良しとしましょう。

音出しチェック

モニターらしい分析的な解像感もありながら、耳に刺さる帯域は控えめなのでリスニングにも使えます。 CD900STとかを使い慣れている人には、こもっていると感じる人もいると思いますので両方使い分けるのもいいですね。


ブッシュ浮き修正【オリンピックホワイトJBのナット交換-5】

1弦と4弦のブッシュが浮いていたので修正しておきます。

ブッシュを修正する

ネジが変わってしまっていたところもインチネジに戻しておきましょう。

ブッシュを修正する

この楽器はこれで完成です。