ブラックのラッカー塗料でタッチアップ【PJキャビティのブラックPBボディの加工-6】

レリック塗装ということもあって、塗装は簡易的にブラックのラッカー塗料を筆で塗ってタッチアップで済ませることになりました。

埋めたところをタッチアップ

これで乾いたら完成ということにしましょう。


コイルを巻く【音が出ないテレキャスターのフロント側ピックアップの巻き直しー2】

ピックアップを分解していきましょう。

分解

真ん中にカバーの爪を引きずったあとがありますね。 ここで切れたあとは発見できませんでした。 あとホット側のハトメにつながる線がラッカーポッティングの痕と違うところにあります。 以前にも一度修理しているのかも知れません。

一度修理している?

ハトメが上から打たれていて、コイルを巻くときに引っかかりそうです。

ハトメが気になる

まき直したあとにまた断線したりしてはいけないので、確実性のためにハトメは交換することにします。

ハトメを破壊した

ワックスというよりはラッカーでコイルを固定してあったので、アセトンで清掃しました。

清掃する

きれいになったボビンに新しいハトメを打ち直しました。

新しいハトメを打つ

コイルを巻いていきます。 中央が多く巻かれたタル型になっていたのでなるべく似た外見にしましょう。

コイルを巻く

巻き上がったコイルをワックスで固定しました。

ワックスポッティング