ジェスカーフレットのサンプルネックの溝修正

いろんなフレットを打っていくことになりますので、フレット溝の調整をしておきましょう。

フレット溝を埋める

溝の深さや幅などフレットの種類によって違うのでここから調整します。

溝が完成

どんなネックになるか楽しみですね。


弦高を調整【フェンダーバードのネック交換-7】

いつも1弦側が2.5ミリで4弦側が3ミリくらいの弦高で弾いておられるので、ネックの反り具合を変えて調整してみました。

弦高を上げてみた

これくらい弦高を上げてみても3弦の10フレットあたりは少しビリつきやすいですね。

こればっかりは弾き方の問題もありますので、許容範囲なのかどうか判断しにくいですね。 12フレットあたりにネックの山があるので少しフレットを削ってみましょうかねえ。

ボディとネックの振動の仕方にも関係ありそうな鳴り方ではあるのですが、同時進行中のアコギに比べてソリッドボディのベースは微妙な重量調整ではハッキリとした変化がなく調整は難しそうですね。