ピックアップカバーのレリック加工

ピックアップカバーをレリック加工しています。

手前にあるのが加工前。 50年代にありがちなドンドン丸まっていってしまうものを模して作ります。

ピックアップカバーのレリック

このあと研磨したりバフをかけたり、傷を付けたり汚したり。

いろいろと手間がかかるのです。


ボリュームからバリバリとノイズが出る【レスポールスタジオのボリューム修理-1】

ボリュームを動かすとバリバリとノイズがでます。

レスポールスタジオ

中は基板を使った配線になっているようです。

ボリュームがバリバリいう

ボリュームを清掃してみます。

清掃してみる

ナノカーボンを塗ってみて、一晩おいてみます。


ネックポケットのルーティング【フェンダージャパンオールドプレベ型のネック交換-5】

ネックエンドと同じ形に、ボディ側のネックポケットをルーティングするための、テンプレート治具を作ります。

使うのはこんな道具です。

テンプレート作りの準備

ネックエンドを型取りして・・・

型取り

本番用のテンプレート治具になる板を大まかにカットしつつ・・・

大まかにカット

先ほどの型取りしたものを貼り合わせます。 このはみ出た部分をトリマーのベアリングビットで削り飛ばします。

型取りしたものと合わせる

トリマースタンドにセッティングしたところです。 型取りしたラインにベアリングを転がしつつ、本番用テンプレート治具を刃物で削るという方法です。

トリマー加工

できあがったテンプレート治具です。 ネックがピッタリはまりますね。

ネックがはまる

テンプレートをボディに貼り付けます。

治具を貼る

今度は、テンプレート治具にベアリングをそわせて、ネックポケットの側壁を削っていきましょう。

ボディをトリマー加工

ネックがはまりました。

センターなどを確認

次は、新しいブリッジを取り付けて、ピックアップキャビティの加工などに続きます。 請うご期待。


配線作業【AriaProⅡの配線修理-3】

ピックアップに新しいクッションを取り付けます。

ピックアップにクッションを付ける

ピックアップを取り付けます。

ピックアップの取り付け

内部の配線はこんな感じになりました。 手前がボリューム。 真ん中がセレクタースイッチ。 左がトーンです。

配線作業

弦を張っていきます。

ブリッジの取り付け

ブリッジの調整が難しいですね。

弦を張る

控えめな出力のピックアップですが、パッシブで使って問題なさそうです。

ネックが安定したらお返ししましょう。


CTSポットを改造する【AriaProⅡの配線修理-2】

火曜日に買ってきたCカーブのポットです。 左利き用に使います。

困ったことがあって、シャフトが短いのです。 これでは裏ざぐりの楽器に使えません。

右が買ってきたCカーブのポット

ということで、うちにあったポット(左)と一緒に分解してニコイチにしていきます。

背面のケースと基板は買ってきた物、シャフトとナットのネジ切り部分はうちに合ったものを使います。

ラムトリックカンパニーで働いていたときに、SonicのフルアップトーンFT-01やFT-02 の製作をやっていたので、ここを分解して組み立てるのはおそらく世界で一番早いです(笑)

分解してニコイチにする

導電塗料を塗り直したピックアップキャビティがこちらです。 アース電位にきっちりつないでいきましょう。

アースにつなぐ

裏パネルの導電塗料も薄かったので塗り足しました。

裏パネの導電塗料も塗り足した

CTSポットを使うボリュームとトーンは3/8インチ(約9.5ミリ)径に、ラージヘッドのミニスイッチが付くところは12ミリ径に拡げます。

穴を拡げる

配線を進めましょう。