ジョイント部の修正【YAMAHA BB Ltd-5の調整-2】

中古で買うときに店員さんが「プロトらしい・・・モゴモゴ」とお茶をにごしていたのはこういうところですね。 なぜかツバだしになっていて、ネジ穴がギリギリに来ています。

割れたところを補修してノミで整えました。 弦の張力はヘッド側の2本に主にかかりますので、ここはそんなに気にしなくても良いと思います。

ネックエンドの成型

シムを作り直します。 仕込み角度のせいで弦高が下がらなくなっているからです。

シムを作り直す

サドルの弦高調整ネジが錆びていて回りません。 それどころか、回そうとしてプライヤーでつかんだ形跡があって、ネジの下側がダメになっていますね。 ここは使わないので何とかなるでしょう。

ネジが取れない

シールパックにサドルと浸透製のオイルを入れてしばらく放置。 そのあと万力ではさみつつ少しずつネジを緩めていきます。 無事に直りました。

テーパー弦を使っているので、サドルの位置が独特で、オクターブネジを入れ替えたり、長さが足りなくて共鳴してしまっているスプリングを引っ張って伸ばしたりいろいろ調整しました。

錆を剥がす

ピックアップの高さを上げたくなるので、下に入ったクッションを交換しました。 元のクッションは上の方に写っているピンクっぽいものです。

PUクッションの交換

ピックアップの下のアースプレートを兼ねたマグネットが本体と剥がれてしまっていたので、2液式の接着剤で固定し直しました。

剥がれたマグネットの再固定

ジョイント部分はこんな感じにしました。

ジョイント部

弦を張ってみました。

弦を張った

なかなか良さそうです。 ちょっとネックの変化を見てから、弦高やオクターブを調整しましょう。


ジョイントポケットをせまくする【フェンダージャパンオールドプレベ型のネック交換-4】

ネックジョイントのポケットが緩いので、せまくします。

0.5ミリの薄板を貼っていきましょう。

薄板を貼る

ボディのRに合わせて丸く成型しました。

薄板を成形する

次は新しいネックのエンドの形状を型取りしてテンプレート治具を作ります。


指板を接着【JMの指板修理-2】

指板を接着し直します。

指板を接着

この指板接着治具はちょくちょく活躍しますね。

これを作ったときの写真が残っているので、また掲載しても面白いかも知れませんね。