ナノカーボンをシリンジで注入する方法を考える

試しに、シリンジでナノカーボンを吸ってみたら吸えそうですね。

ナノカーボン

これなら例のバリバリうるさいアコギのボリュームにちょっとさせそうですね。 基板クリーナーで「ファサ」くらいまでは静かになっているので、あとちょっとだけやってみましょう。


ピックアップカバーをは外す【VOXのナット交換-2】

ピックアップのカバーを外してみました。 結構ガンコにファイバーが反っていますね。 これは直らなさそうですね・・・。

PUカバーを外してみた

カバーの中央に「カチッ」とはまる機構が付いています。

カチッとはまる機構が付いている

それゆえにはめないと変に膨らみます。 これでは落とし込むことで解消することもできませんね。 「少し湿らせてはクランプで締める」を繰り返すくらいでしょうか・・・。

カチッとはめないと変になる

ピックアップキャビティには導電塗料が塗られているのですが、アースにつながっていません。 これではむしろノイズを集めるアンテナになってしまいます。

導電塗料がアースにつながっていない

ナットを交換する前に、フレットのすり合わせをすることになりました。 弦高を下げた方がお好みだとのことでしたので、やっておいた方が思い切ってナット溝を切れますし、セッティングもできます。

1フレット、8フレット、最終フレットを少し多めに削ることで凹凸をなくしました。

フレットのすり合わせをする

フレットを仕上げるところ。

フレットの仕上げ

ピカピカになりました。

ピカピカになった

フレットサイドや指板の角も丸みを調整しましたので触り心地が良くなりました。 次は牛骨ナットの取り付けです。


ネックにクランプをかけてみる【Guitar Violenceの修理-3】

これは修理もかねた実験です。

ヒーターをあてずに、クランプだけかけておいたらどのくらい順反りが直るのか知りたくて、せっかくネックを外している日が何日かあるので、シムをはさんでクランプしてみました。

ネックにクランプをかけてみる

意味ないのでしょうかねえ? 変化があれば良いのですが。