3弦だけフェイズアウトする5弦ベース

フロントとリアのピックアップを同時に鳴らすと、3弦だけ位相が逆になって音が小さくなるベースです。

リアピックアップは1・2弦用のコイルと3・4・5弦用のコイルに分かれています。

12/345

フロントピックアップは1・2・3弦用のコイルと4・5弦用のコイルに分かれています。

123/45

プレベなんかだと逆巻き逆磁極のコイルが2つ並んでいますが、フロントはフロントで、リアはリアで同じ磁極なのです。

これでノイズキャンセルしているならば、ひとつのピックアップで1弦側のコイルと5弦側のコイルで位相が逆の信号がでています。 それ自体は問題ないのかもしれませんが、フロントとリア間で各弦の位相は合っていないとフェイズアウトしますよね。

すでにいろいろいじられている中古楽器のようですから、元がどうなっていたかもサッパリ分かりませんが、リアピックアップの取り付けの向きが逆なのは間違いないでしょう。

フロント側は1弦側に属しているのに、リア側は5弦側に属しているのが3弦だけフェイズアウトする理由です。 このベースはよその修理品なので、ここから先はよく分かりません(笑) でも良いヒントを教えてあげることはできましたね。

もともと、となりあったコイル同士で逆磁極になっていたのを誰かが間違って、フロントとリアで逆になるように着磁し直したというパターンもあり得ますね。 変に磁力が弱かったしありそうです。

その場合は、コイルの巻き方向がどうなっているのかを調べてから、位相が合うように磁極を決めて、コイルを4個にバラしてから着磁し直す必用があると思うので、そこまでやるのか交換するのか決めた方が良さそうですね。

 


配線が完了【BCP-3とBCP-2Mの試奏機を作ろう-7】

配線作業が終わりました。 ちょっとごちゃっとして見えますが、あとあとポット交換などのメンテナンスがしやすいようにしました。

配線ができあがった

後日、間違いがないかチェックしてから、試奏してくださるお客様のもとへお送りしましょう。 アダプターどうしようかな。


双子の美少女姉妹レンズ

昨日の夕方、お友達のバンドのプロフィール写真を撮りました。

アシスタントを引き受けてくれたワカワカウェブさんが持ってきたのが写真左上。オリンパスペンの初期標準レンズだった40mm f1.4です。 右下にあるのが、その後継機38mm f1.8です。 右下のカメラで撮りました。

双子の姉妹レンズ

世の中にはオールドレンズの美少女擬人化同人誌を作っている人がいまして、この2本は「個性の違う双子の姉妹」ということになっていました(笑) 興味のある方は検索して見て下さい。

写真はSDカードごとバンドに渡したので、返ってきたら載せましょう。 ミラーレスは仕上がりが分かって撮れるので、JPEGで撮ってそのまま渡せるのが良いですね。


忘れ物しそうになった

実家から東京に戻るときに、荷造りを終えてでようとしたら

ステルス

マウスが擬態していました。