配線が完成【フェンダージャパンの’70s風JBの改造-6】

ピックガードのネジ穴を埋めてあります。

PGのネジ穴を埋めた

ピックアップを取り付けてコントロールアッセンブリーをつなぎましょう。

配線が完成

ナットを外したところ。 接着材が残っています。

ナットを外した

接着剤を取り除きました。

接着剤を掃除した

ここに新しい牛骨ナットを取り付けていきます。


落としたらビリつくようになったベース

ライブの最後にベースが落下してうつぶせに倒れたらしく、以来ハイポジションの一部がビリつくようになったということでお越し頂きました。

ベースのセッティングが完了

フレットがへこんだり浮いたりしているような形跡がないので、弦を調べました。

原因が弦が折れ曲がったこと

折れ曲がっています。 張力をかけていると曲がって見えないので、弦を外してみないと分からないのです。

新しい弦に交換しつつ、お好みのセッティングを出すためにお客さんとお話ししながら楽器を調整しました。

はるばる遠くからお越し頂きましたが、セッティングを気に入って頂けたようで良かったです。