ナットの弦溝とリテーナー【シンラインの再ネック交換-9】

ナットに弦溝を切っていきましょう。 まずは位置を決めました。

弦溝の位置決め

弦溝を切って弦を張りました。

弦が張れた

弦の位置が決まったのでリテーナーのネジ穴をあけました。

リテーナーの穴あけ

リテーナーが付きました。

リテーナーが付いた

ネックが落ち着いたら全体を調整していきましょう。


生地着色とオイルフィニッシュ【スティングレイの修理-12】

ネックの裏と指板の塗装を剥がしたので、オイルフィニッシュにしていきます。 他が深く焼けた飴色をしていますから、色を合わせるために生地着色から始めましょう。

飴色をスペシャルブレンドします。

染料をブレンドする

ネックの中央付近が生地のままの色で、グリップの両端から塗っていっています。

生地着色

裏側が全部塗れました。

着色が完了

しばらく乾かしてからオイルを染みこませていきましょう。

オイルフィニッシュ

余分なオイルは拭き取っておきます。 表面にオイルがたまったまま固まると部分的にざらざらしたり、変なツヤがまばらにできたりするので均一にサラサラした仕上がりになるように心がけます。